リフォームする住宅

沖縄でのマンションと戸建のリフォームの違いはなんでしょうか?

マンションと戸建リフォームにはそれぞれ問題点があります。

マンションと戸建リフォームの違いにつきまして書かさせていただきます。

 

沖縄県でも、都市部の暮らしと田舎暮らしとの二つの暮らし方のパターンに分かれております。

沖縄県は車社会ですから鉄道の駅を拠点とする都市開発では無く、那覇などの主要都市を中心としたエリアにて道路網を中心とした開発が行われております。

その結果土地の需要が高い都市部では土地単価が高騰し、土地の有効利用の観点からマンション建設が進んでおります。

その場合駅からの便という考え方が成り立ちません。

うまく居住者を集めるには、いろんな差別化する内容が必要になってきます。

その代表的な例として、海への距離がポイントになっています。眺望や海まで徒歩何分といった内容です。
一方、都市部から車でしばらく走ると郊外になり、土地分譲が開発業者によって行われます。

海から距離があることから最近ではいろんな構造の建物が建築され、本土の建物とほとんど変わらない新興住宅街が形成されています。

通勤時間を我慢する分、郊外にて庭付きの戸建てマイホームにて自分流のライフスタイルを味わう事ができます。

 

マンションと戸建てにおいてリフォームを行うときの問題点

マンションは共同で使用する共有部分の修理修繕は主に管理事務所が修理修繕を行ってくれますが、建物全体の外壁の修理等には入居者の大半の賛同を得て行われます。

また、自分の居住部分のリフォームに関しましては管理事務所に届けなければなりません

なぜなら、資材の運搬等にエレベーターを使用したり台車を利用して通路を使用したりしなければ工事ができませんが、それには管理事務所に届け出を出さなければなりません。

そして、工事中の音に関しても制約を受けることがあります。

その場合、作業時間の制限や休日の工事の制限(厳禁)など管理事務所からの通達通りに工事を行わねばなりません。
戸建てのリ改築の場合は、行政への確認申請が必要な場合と必要ない場合がありますが、10平米以上の増築が伴う場合は行政に確認申請を提出して許可をとって工事を行います。

面積が10平米以上増えない改装の場合は許認可なしで工事を進められます。

その場合、近隣へのモラル的な配慮は当然必要になりますが管理事務所への配慮がない分、楽に工事を進める事ができます。
“リフォーム”は、建物の劣化に伴う補修・修繕的な工事子育て世代で購入・建築した建物が子供たちの成長・旅立ちによるライフスタイルの変化によるものがあります。

上記のような違いがある事を参考にしてはいかがでしょうか。

  1. リフォーム、計画
  2. リフォーム、今後のライフスタイルイメージ
  3. リフォーム
  4. 住宅 リフォーム リノベーション
  5. リフォーム、ショールーム
  6. 経年劣化のしやすい外壁のメンテナンス塗装

最近の記事

  1. コンクリート打ちっぱなし
  2. 塗装
  3. トイレ
  4. 洗面室
  5. ファブリックフロア
  6. k邸 施工例
  7. 洗面室、クロス貼り替え
  8. キッチン、リフォーム
  9. フローリング、床リフォーム
PAGE TOP