リビング 照明設置イメージ

あなたの家、暗くありませんか?節約電気で明るい生活!

上手な採光、省エネ・長寿命のLED照明を活用して電気代を節約しながら明るい生活を!!

建てたときにはそこそこ外の光が入っていたけれど、周囲が変化してきて現在住んでいる家が暗くて、昼までも明かりをつけないと新聞が読めないというようなことはないでしょうか。

 

またご家庭によっては住み方が変わり、いつもいる場所が暗くて不便ということもあるかもしれません。

家を建てたけど、採光を考えないで間取りした結果、いつもその場所が暗いというようなこともあるでしょう。

こういったときは、家の間取りや生活空間での光の取り入れ方を考えたリフォームによって、明るい部屋に蘇られせることができます。

沖縄の場合には、台風の常襲地帯で風雨が強いこともあって、頑丈な家づくりが必須です。

その結果、どうしても採光が後回しにされてきた面があるのは致し方ないことでもあります。

でも長い年月を暮らす家、「なるべくは明るい家に住みたい」そう考えるのが普通です。

それならば家の強度は維持しつつ、リフォームをする機会を活かして、採光に考慮した家に作り変えることを実践されてはいかがでしょう。

 

じつは家に射している外光(太陽の光)については、あまり活用されているとは言い難い面があります。

それは沖縄の日差しの強さを考えると、やむおえない面もあります。

しかし、近年ではさまざまな工夫により採光することが可能となっています。

家の強度を変えないで明るくすることができます。

個々の家によって形態はさまざまですからいちがいに言えませんが、こういう方法もあります。

たとえば採光したい場所に、太陽光の取り入れ口から、天井裏を介して反射材を使って光を誘導してきて、明るくしたい部屋に光を導いてきます。

そうすることで昼間の補助の明かりの代わりにできます。

この場合には全く電気代を使わずに明るくできます。

光を取り入れる場合には、太陽光の中の紫外線部分をカットしたり、熱線をカットすることなども可能です。

上の例に限らず、近年は省電力で長寿命のLEDが活用されています。

したがってなるべく屋内配線を見直し、現状が暗くて不便を感じているところなど、明るくしたい場所を中心にコンセントやLEDを利用した補助照明を取り付けることを考えてみてはどうでしょうか。

 

明るい家づくりをすることで、昼間に必要だった電気代分の節約が可能になります。

しかもLED照明に取り替えることでも電気代を浮かせることにつながります。

照明にかかる電気代を大幅に見直せる可能性があります。

 

明るい家への間取りの変更などご相談は、株式会社オーシャンズまで☆

LED照明探しや取り付けも行っております。

  1. 住宅ローン イメージ画像
  2. マンション、リフォーム
  3. 家の採光を考えるなら窓から

最近の記事

PAGE TOP