住宅ローン イメージ画像

中古住宅購入の際、住宅ローンは考えていますか?

住宅ローンは無理のない範囲で余裕をもった借入でしっかりとした資金計画を!

マイホームを購入する方の中には、お得な住宅として中古住宅を購入することを希望している方がいます。

中古住宅であれば、新築住宅よりも安く購入することができ、人が住んでいたという実績を有している物件になるので、生活環境などを把握しやすい状態にあることもメリットとして挙げることができます。

中古物件を購入する場面では、事前にしっかりと住宅をチェックすることは勿論ですが、周囲の環境として施設の状態や交通機関などを詳しく調べておくことも大切なことです。

中古物件でマンションを選ぶ方も多いと思います。中古マンションを購入する際の参考にするべきポイントもありますが、ここでは住宅ローンのお話を。。

住宅 資金計画

 

注意すべきポイントは「住宅ローン」

住宅ローンは当然ながら事前に審査が行われるために、一定収入を得ている方がローンを利用することは大前提になりますが、その他にも無理な住宅ローンを組んでしまうことが無いように、頭金をしっかりと確保していることも大切なことです。

 

せっかく購入した物件であっても、直ぐに手放してしまうようであれば、余計な出費だけが待っていることになるので、資金計画に関してはプロに相談した上で行うことも大切になります。

また、注意すべきポイントの中には、中古物件故の内容も含まれています。

 

新築物件を購入する場合では、基本的には売り出し価格をそのまま用意する方法で購入することができますが、中古住宅を購入する際には間に不動産の仲介会社が入っていることが一般的になるので、いわゆる“仲介手数料”がかかってしまいます。

 

100万円程度の手数料がかかってしまうことも珍しいことではないので、その分が頭金から出費として出てしまうことも心配されます。

その解決策としては、借入金を多く設定することが良い方法になり、決して無理な金額のローンを組んでしまうことが無いように注意することが何より大切です。

中古住宅購入の際の住宅ローン、資金計画。

さらに、中古物件の場合では入居後にリノベーションを必要としている場所が出てくる可能性も十分にあります。

リノベーション代金を支払うことができない場合では、住宅で快適な生活を送ることができない状態に陥ってしまうので、住宅ローンと合わせてリノベーション代金についても事前に考えてみることが大切です。

 

おわりに

住宅ローンは、その物件だけの金額で判断するのではなく、仲介手数料やリフォーム・リノベーション費用も考えておくのが安心ですね!

中古住宅は非常にお得に購入できる物件が数多く提供されているのですが、”最も大切なことは資金計画を間違わずに立てる方法”で失敗しない買い物にすることで、安定した生活を送ることができるようになります。

この物件はどのくらいのリフォーム・リノベーション費用がかかるのだろう・・・

購入後にリフォーム・リノベーションしたいなとお考えの方、まずはご相談を。

株式会社オーシャンズでは不動産部門・リフォーム部門がございますので専門担当者がわかりやすくご説明いたします!

  1. 中古マンションイメージ
  2. 外壁塗装を行う為に足場を組んでいる写真
  3. 手洗いボウル
  4. リフォーム、プランニング
  5. 外壁塗装のペンキ

最近の記事

PAGE TOP