二世帯住宅 リビング

沖縄県内で二世帯住宅をお考えですか?

二世帯住宅には大きく分けて3つのタイプがあるんです。(沖縄版)

最近では二世帯住宅も非常に増えてきており、沖縄でも二世帯住宅を選択する方も非常に多いです。

リフォームを行うことによって二世帯住宅を実現することも可能なので、将来を見据えながら計画を立てるとスムーズにいくのではないでしょうか。

二世帯の家族がストレスなく生活をするためにも、業者としっかりと話し合いながら自分たちの暮らしに合わせたリフォーム計画をしましょう!

二世帯住宅 リビング

 

完全同居型共用タイプ

玄関は1つで、寝室などの個室を除き、リビングやダイニング、キッチン・浴室などの水回りもすべて共することで二世帯が一緒になって生活するタイプです。

水回りをひとつにすることで、家族で使うリビングやダイニングを広く取れたり、建築スペースを少なく済むので住宅があまり広くない場合などにもこのタイプが向いています。

 

部分同居型半共用タイプ

玄関は1つですが、リビングやダイニング、キッチン・浴室など何を共有・独立させるかでさまざまなバリエーションがありますが、二世帯が共有する場所と独立する場所のメリハリがあるのが一部同居半共用タイプです。

 

動線があまり交わらないように二世帯のプライベートを守りながら、お互いの交流できる場所を確保できるのが特徴です。

 

完全分離型独立タイプ

玄関もそれぞれに設け、水回りなども別々にし、二世帯が完全に分かれることで生活環境やプライバシーがもっとも保ちやすいタイプです。

また、このタイプは上下と左右分けるケースがほとんどです。

上下で分ける場合は1階は親世帯、2階は子世帯にしたり、左右で分ける場合は共用の応接間や客室を中心に設け、左右で親子世帯を分け る場合もあります。

玄関や水回りなどすべてをそれぞれに設ける分、他のタイプより比較的大きなスペースが必要になってきます。

 

二世帯住宅にしたい場合はどのような生活がしたいかをしっかりと決め、その内容にあったタイプのリフォームをしましょう!

大きく分けた3つのタイプにはそれぞれの特徴があります。

しっかりと今後の生活や資金に合ったタイプの選択とリフォーム計画を。

 

また、リフォームの場合は増築をするケースも多く大掛かりになる場合もあります。

それぞれの家族がストレスを感じることなく快適に暮らすことが出来るように、バリアフリーをしっかりと取り入れながらリフォームを行うことが大切と言えるでしょう。

なるべく段差をなくすなどの工夫はもちろん、トイレまでの距離をなるべく短くしたり廊下を広くするなどバリアフリーに関する様々なアイデアがあるので業者に相談しながら決めるようにしましょう。

お互いの暮らしを観察して自分たちにとってベストなリフォームができるようにしましょう。

 

2世帯住宅へのリフォーム、リノベーションのご相談は株式会社オーシャンズまで☆

ご相談から、プラン作成、増設可能かなど、ご希望に合わせて対応させていただきます。

  1. フローリング、リフォーム
  2. 外壁塗装のペンキ
  3. 昔のリフォーム業者、大工さんの写真

最近の記事

PAGE TOP