外壁塗装のペンキ

劣化が早い外壁だからこそしっかりとしたリフォームをしませんか?

塩害対策や遮熱対策!沖縄には沖縄の気候にあった外壁リフォームがあります。

沖縄では、出来るだけ沖縄の気候に合わせたリフォームを考える必要があります。

何年か住み続けた住宅や中古住宅もそうですが、外壁のひび割れなどさまざまな劣化が起こり対策が必要です。

沖縄では塩害対策や遮熱対策が必要になってきます。

外壁のひび割れ

■塩害対策

では、どのように手を加えたらいいでしょうか。

まず、沖縄は海に囲まれていますので、海の潮風に対応した工事をする必要があります。

潮風による影響は、“塩害”という形で現れます。

塩害は、鉄部のサビの原因になります。サビが発生するとどうなるでしょうか。

鉄にサビがつくと耐久力が減少します。

耐久力が減少すると鉄部がもろくなりますので、大きな地震が発生した場合に建物が倒壊し易くなるのです。

塩害による被害のエリアは、諸説ありますが海岸から500メートルぐらいの場所まで及ぶとされています。
塩害によるサビを避けるためには、錆びにくい塗料を塗る必要があります。

通常、塩害によりサビが発生する原因は、鉄部が酸化するからです。サビが発生し易い場所なのかどうかチェックをすることが大事になります。

また塩害対策として水でこまめに洗浄するのも大事ですね。

■遮熱対策

次に、沖縄では遮熱性の高いリフォームをすることが大事になります。

遮熱は、熱を遮るということですのでエアコンの設定温度を低くせずに過ごすことができます。

遮熱をするためには、白い塗料を使って光を反射させたりなどありますが、遮熱用塗料で赤外線を反射させて外壁の表面温度上昇を抑える方が安心でしょう。

塗料の種類は豊富でメーカーによって性能が変わったり、塗装の腕によって塗料の性能が十分に発揮できない塗料などもあるので腕の良い専門の業者に相談することをおすすめします。

遮熱対策をすることで暑い沖縄の気候だからこそ、その性能を十分に発揮することで結果涼しい快適な生活に繋がったり、電気代の節約に繋がったりするのです。

 

まとめ

まずはひび割れや傷み、チョーキング現象(表面をこすると白い粉が出る現象)などが起こる前に定期的なメンテナンスを行えば家を長持ちさせることに繋がります。

外壁は直射日光や雨風、気温の変化や台風などから劣化の進行が早い環境にあります。

なのでひび割れや傷みなどを放置しているとその症状が悪化して内部へ影響を及ぼす可能性が大きくなります。

そうなっては外壁リフォームだけでは済まなくなってしまうので、定期的なメンテナンスと沖縄の気候にあった塩害対策と遮熱対策の早急な対応が家を長持ちさせることに繋がります。

 

  1. 内装・内壁のリフォーム作業
  2. 劣化の早い水回りだからこそ、お風呂場からリフォームを。
  3. リフォーム、今後のライフスタイルイメージ
  4. 二世帯住宅、リフォーム、リノベーション
  5. 沖縄の街並み
  6. リfホーム工事完了後

最近の記事

  1. コンクリート打ちっぱなし
  2. 塗装
  3. トイレ
  4. 洗面室
  5. ファブリックフロア
  6. k邸 施工例
  7. 洗面室、クロス貼り替え
  8. キッチン、リフォーム
  9. フローリング、床リフォーム
PAGE TOP