中古物件購入の際に確認すべき設計図

その住宅、検査済証・設計図はありますか?

 中古物件購入の際は検査済証と設計図の確認を!

 

検査済証も設計図面もない物件を購入してしまったら、さまざまなトラブルが発生することが予想されます。

これらの書類がないと違法建築である可能性も残り、その場合は取り壊し命令が下される場合もあります。

検査済証により、当該物件が合法的に建てられたことが証明でき、その後に増改築等が無い限り現在も合法的な建物と言えます。

検査済証がない場合は合法的な建物であるかどうかがわからず、資産としての価値を保留せざるを得ません

中古住宅の購入では検査済証の引渡しを購入の条件とし、もし紛失した場合はそれに変わる書類を役所から受理するよう売主に要求すべきです。

 

しかし検査済証は存在しているけれども設計図面がない物件は、とりあえず違法ではありません。

 

中古物件を購入する際は、建物の設計図もあった方がよい!

建築確認申請をした物件であれば、副本として図面が残されているはずです。

検査済証と合わせて、建築確認申請の副本を受領することが必要です。

図面は単に物件の合法性を証明するだけでなく、リフォームにおいても必要となります。

工事を行うにあたって、既存建築の構造や仕様を知る必要があります。

もし図面がないと、隠れた部分を調べなおさなければならず、時間と費用が必要となります。

特に構造に関する情報は重要で、筋違いの入った壁の位置がわからないと、工事に支障をきたす場合があります。

設計図面には材料の仕様も書かれています。

リフォームでは既存の仕上げの下に隠れている下地材を確認する必要があります。

下地材の種類によって、新たな材料の選択が異なるからです。

 

検査済証

 

中古住宅を購入する際は、土地や建物の所有権と物件の引渡しを受けることが必要ですが、建物が合法的に建てられたものであることを証明する、検査済証を受領することが必要です。

建築物は建築基準法により建築確認申請を行なった後に工事を始める必要があり、工事完了時に役所等の検査を受けて合格することが必要です。

その時、交付されるのが検査済証なのです。

 

増改築を行う場合は建築確認申請が必要ですが、検査済証の交付を受けていない物件は、申請が受け付けられず工事ができなくなる恐れがあります。

検査済証は単なる書類ではなく、資産の価値を証明するものであると言えます。

 

まとめ

増改築や模様替えでは既存の建築を調べなければならず、大変な手間がかかります。

筋違いの設置か所などは、壁を壊して見なければわからない部分でもあります。

そういった場合や中古物件の確認資料・合法確認等の為に図面・検査済証確認をしましょう!

 

  1. フローリング、リフォーム
  2. リフォームする上での見積書確認
  3. 昔のリフォーム業者、大工さんの写真
  4. 照明、リフォーム、ちょいたしアイテム
  5. 手洗いボウル
  6. 床材サンプル展示写真

最近の記事

  1. 玄関ドア
  2. 屋根
  3. カーテン
  4. カーテン、インテリア
  5. カーテン
  6. コンクリート打ちっぱなし
PAGE TOP