クロノ マール 死亡
『クロノ・クロス』は『クロノ・トリガー』の続編として1999年に発売された。 美麗なグラフィックやbgmは高評価を得たが前作との比較から賛否が別れることとなった。 前作のテーマが「タイムトラベル」であるのに対して、今作では「パラレルワールド」がテーマとなっている。 ひょんなことから主人公のクロノ・マール・ルッカが時空を超えるゆがみ(ゲート)を使い、自分たちの住む星の未来を目にします。 7:24. クロノ・トリガー プレイステーション版. クロノ・トリガー プレイステーション版 ... クロノトリガー クロノ死亡 - Duration: 7:24. gorizer02 214,712 views. クロノが千年祭へルッカの発明品テレポットを見に行く道すがら、偶然クロノとぶつかり行動をともにすることになったマールは、自ら進んでテレポットの実験台になる。しかし、古代ジール王国の遺産であったペンダントとテレポットの相互作用が起こり、マールは400 Amplitude Recommended for you 「クロノ・クロス アルティマニア」によって上記の謎が明かされた。クロスに登場するクロノ、マール、ルッカの3人が幻影のような姿をしているのは「この次元には存在していない」ことを示唆しているという。ただし死因については不明。 ・放電をくらってクロノ、マール死亡。 ・エイラがクロノにアテナのみずを使う。 ・地震か攻撃をくらう。もしクロノが死んだら生き返らせる。 ・クロノがサンダー。エイラはひたすら攻撃。 ・クロノがミドルポーション+ポーションでエイラを回復。 クロノトリガーではこの6つの時代+時の最果てを行き来します。 (厳密には世界崩壊はラヴォスと戦闘するだけですが) 物語冒頭部分の紹介. るっか『自身の頭脳には自信を持っており、理知的ながら勝ち気な性格で突き進んでいくタイプ。お調子者で大胆な行動に出ることもしばしば。手の甲を頬に添えて「オホホホホ!」と高笑いするのが癖。 髪型はプレイステーションゲームソフト、 彼女と父親、そして鍛冶屋であるボッシュの能力は、終盤のサブイベントで虹の貝殻と太陽石から作られる最強の装備を作るために大いに役立った。

クロノクロスはネット上での評価は割と賛否両論なんですよね。原因としてはストーリーがややこしいことや、前作の主要人物であるクロノ・マール・ルッカが死亡していることが挙げられます。 エンディングの数年後に侵略されてクロノとマールは死亡。 ガルディア王国は滅亡。 164: 名無しさん 2016/10/23(日) 12:20:12.71 Rainy Days In Tokyo [Lofi Hip Hop / Jazzhop / Chillhop Mix] - Beats to chill/study/relax - Duration: 51:01. 最近気づいたのだが、私はnoteで自分が推している女性について語ることが多い。 また、下記の論文では推しているキャラクターの一人であるロールパンナについてもふれている。そこで今回は、個人的に推している女性の一人、ルッカ(RPG『クロノトリガー』の登場人物)についても語ろうと思う。 クロノトリガーのルッカを通して「魅力的なキャラクターとはどのようなものか」を考えていこうとも思っているので、クロノトリガーを知らない方にも読んでもらえたらうれしい。 がっつりネタバレになるので今後プレイする可能性のある方は注意してほしい。ルッカは、主人公(クロノ)の幼なじみの女の子である。17歳のクロノよりも年上の19歳であり、同じ町に住んでいる。天才を自称する発明家であり、戦闘と歌唱が可能な大型ロボット「ゴンザレス」や物体を別の場所に転移する「テレポッド」を開発する、仲間の一人である「ロボ」を修理するなど、確かな才能を持っている。全然説明が足りないが、最低限の説明はしたのであとは追って書いていくことにして、ルッカの魅力についての解説に移ることにする。彼女は赤紫色の髪を短めのショートカットにしており、普段からアンテナとマイク付きのヘッドギアを装着している。さらに大きめの丸メガネをかけており、ドット絵ではレンズが白く塗りつぶされている(つまりドット絵では顔がほぼ隠れている)。ついでにいうと、服装もちょっと道着っぽいオレンジ色の服で(仲間になった時の初期装備が「どうぎ」なので本当に道着なのかもしれない)、手榴弾やハンマーなどを携帯している都合なのか、大きい肩がけのバッグを背負っている。仲間の女性陣は、金髪をポニーテールにして肩を露出しつつ金のアクセサリーをつけたり(マール)、ふわふわのビキニを着ている(エイラ)ので、周りと比べても見た目が際立っている。ちなみに、ダブル色仕掛けという二人がかりで敵を誘惑する技があるのだが、それはマールとエイラの連携なので、色仕掛け要因としてもハブられている(代わりに催眠音波を放って敵を眠らせたり、手榴弾を投げつけたりすることはできる)。また、性格や言動も直接的な「かわいい」からはかけ離れている。具体的には、自分の住んでいる国の兵士に銃(使い捨てドッカン爆発ピストル)を発砲して気絶させ「ルッカ様に逆らう者はこうなるのよ」と吐き捨てて「オーッホッホッ!」と高笑いしたり、泥酔してクロノに飲酒を強要したり(クロノの反応を見て大笑いしたあと、もどしそうになる)、特定のエンディングではエイラ(仲間)の恋人であるキーノを「ナヨナヨ系」「全然興味ない」とこき下ろすなどである。かわいらしく描かれている場面を無理に探すとすれば、寝起きにヘッドギアや眼鏡を外して目をこする描写くらいだろう。例えばメインヒロインのマールは、城での生活に嫌気が指して庶民の祭りにお忍びで遊びに来ている王女様である。彼女はストーリーの大部分を使って父親(王様)と大喧嘩し、家出を続けることになる。仲間の一人、ロボは荒れ果てた未来で故障していたロボットだ。かつての味方だったロボットや母親的存在である人工知能(マザーブレーン)との確執に悩まされつつ、人間との共存を目指すことになる。仲間の一人、カエルは魔王に醜い姿に変えられた王国の騎士だ。自分のせいで親友を魔王に殺されてやさぐれていたが、少しずつ立ち直り、一人前の勇者として魔王を倒すことになる。仲間の一人、エイラは原始時代の酋長だ。人間よりも高い知能を持つ恐竜たちと、種の存続をかけて争っていくことになる。仲間の一人、魔王はその名の通り、中世を恐怖のどん底に陥れた魔物の長だ。元は古代の出身であり、諸悪の根源であるラヴォスという生命体を倒す(この辺りは話すと長くなるので詳細は割愛)ことで、歴史を変えて姉を救おうとしている。仲間はそれぞれ大事な使命を持っており、それに主人公であるクロノが利害の一致もあって協力していくことになるのだが、ルッカだけが特に大事な使命を持っていない(本当は隠しているだけで持っているのだが、それは後述)。だが、仲間たちの抱える使命にからんでいくきっかけは大体がルッカだ。・マールの正体が「身分を隠して町に出てきた王女」だと見破った上、歴史のひずみによりマール自体が消滅してしまう危険があることと、その解決策を説明してくれる。・後に仲間になるロボを修理する。その後、仲間であるはずのロボットに攻撃されて壊されたロボを再度修理する。修理中のルッカとの会話に感銘を受けたロボは正式に仲間に加わる。・古代の賢者であるボッシュと協力して壊れた伝説の剣を修復し、カエルが立ち直るきっかけを作る。・原始時代を訪れた時、帰れなくなったことにいち早く気づきエイラに助けを求めることを提案する(ルッカが気づき、クロノとマールが驚き、ルッカがエイラに助けを求める提案をするという順番なので、若者3人組の中でルッカが主導権をにぎっている。ただし、これはルッカの管理不足の責任が大きい)・魔物に襲われてカエルに助けてもらい、カエルと知り合うきっかけとなる(これはルッカの油断のせい)・発明した装置に乗ったマールが行方不明になる(ルッカのせい)など、ルッカが仲間と親密になるきっかけを作り、ストーリー全体を牽引する役割を担うことが多い。さらにいうと、序盤にクロノ・マール・ルッカの若者3人組で行動している時、行動の主導権をにぎり牽引しているのはルッカである。王女様であるマールは純粋で少しわがままな性格なので、その場で思いついたことを思いつくままにしゃべっていく。クロノは「はい」と「いいえ」しかしゃべれないコミュ障の上に、ルッカの指示通りに発明品の実験台になったり酒を飲まされたりするなど終始ルッカの言いなりで自分の意見を持っていない(クロノ=プレイヤーなので仕方ないが)。例えば、自分たちの未来が悲惨で救いがないことを知ったマールは思いつくままに「歴史を変えてしまえば良い」と発言する。ルッカは少し考えたあと肯定し、クロノに同調をうながす。仮にここでクロノ(プレイヤー)が断っても、ルッカによって説得されてしまう。選択をせまられる場面だけでなく、普段のちょっとしたやり取りでも「マールが取りあえず思ったことをいう→ルッカがするべきことを整理する→クロノがだまって従う」の流れは徹底している。例えば、未来の世界の食料庫に食べ物を取りに行って警備をしているロボットに襲われるシーンでは、「何が起こったの?」と混乱するマールに対して、ルッカが戦うように指示を出している。役回りとしてはサブヒロインであり他のキャラクターのような掘り下げも少ないが、物語が停滞しそうな時には持ち前のエキセントリックで暴走しがちな性格でストーリーを盛り上げ、シリアスなシーンでは「年上の幼なじみ」という頼れる保護者ポジションを発揮して仲間やプレイヤーにするべきことを伝えてくれる、ストーリーの進行役といっても過言ではない人物なのだ。ルッカの母親は常に座っており、立ち上がる描写がない。実は10年前、ルッカの母親は父親が開発した装置のベルトコンベアに巻きこまれて足が動かなくなっていたのだ。当時子どもだったルッカは、ベルトコンベアに飲みこまれていく母親を見ていることしかできなかった。知識さえあれば母親を救えたのにという思いから、勉強を始め今日に至るのである。このゲーム中では一度だけ、母親がベルトコンベアに巻きこまれる直前の時間にもどることができる(仲間を引き連れず一人で)。知識のある今のルッカであればとめることができるが、そこで失敗すると、二度に渡り母親がベルトコンベアに吸いこまれていくのを目の当たりにすることになる。ルッカがすごいのは、この一連の出来事を(恐らく)幼なじみのクロノにすら話していないことである。ルッカは仲間たちが寝静まった深夜に、こっそり一人で過去にもどって母親を救い、翌日は何食わぬ顔をして仲間たちのところにもどり、最後まで仲間に話すことはない(ただし、一連の行動はロボだけには勘づかれている)。これは、ルッカが仲間を信頼していないわけではなく、誰にも話さずしまっておけるほど心が強いからだろう。仲間思いな一面は、これから説明する。未来の世界ではロボットが生き残った人間を排除している。故障したロボを発見したルッカは直すことにするが、当然仲間(マール)にとめられる。だがルッカは「人間を襲うロボットに罪はなく人間がロボットをそのように作っただけ」と語り、人間を襲わないように修理する。その結果、ロボは仲間の一人となる。散々ロボットに襲われたためマールも「ロボットは敵」と認識していたが、ルッカは「人間がロボットの心をそのように作っただけ」と考えているのだ。マールもルッカの考えに感心し、ロボが修理された時には誰よりも先にフレンドリーに声をかけている。ルッカに修理されたこともあり、ロボは他の誰よりもルッカに懐いているように見える。自分の親から残酷な言葉を投げかけられる幻を見るイベント(プレイ済みの方向けにいうと魔王城のイベント)では、他のキャラクターだと実の親の幻が出てくるのに対し、ロボの場合だとルッカの幻が出現する。またロボは、ルッカの過去を知った時「ルッカの母親の足が動かないのであれば自分(ロボ)の足を使っていい」と発言する(ルッカは断ったが、代わりにロボが400年かけて作った宝石をプレゼントされている)。さらに、クロノやマールとの関係からも彼女の人柄がうかがえる。前述のようにルッカは、クロノを発明品の実験台にしたり飲酒を強要するなど、クロノへの当たりが少々手厳しいところがある。だが、無実の罪で死刑判決をくだされたクロノを脱獄させるために単身で刑務所を急襲するなど、クロノを大切に思っていることがうかがえる描写がある。また、とあるイベントでクロノが死亡してしまい、歴史を改変することでクロノを救出することになる場面がある。クロノが離脱している間、マールは「クロノはどこ……?」「クロノをむかえに行こうよ」「クロノを返せーっ!」とことあるごとにクロノの名前を出す、側から見ていて少し不安な状態になってしまう。それに対し、ルッカは幼なじみのクロノが死んでも極めてクールである。クロノが目の前で死亡した時、絶叫するマールに対してルッカは「私がついていながら」と保護者的な後悔の言葉を静かにつぶやくだけだ。また、クロノが死んでメンタルが不安定なマールを気遣うそぶりもたびたび見せる(プレイした方向けに説明すると、マールとルッカを同じパーティーに入れた場合、ダルトンからシルバードを取り返した時と死の山でクロノの復活が失敗するかと思われた場面の2回に渡ってルッカがマールをなぐさめる)。歴史を改変してクロノの死を回避した時、感極まったマールがクロノに抱きつく描写があるが、ルッカは後ろで見ているだけである。つまり、ルッカはクロノの死を悲しむ姿を見せることなく、終始マールのお守りをしているのだ。もちろん、ルッカがクロノの死を悲しんでいないかといわれるとそうではない。マールが不在の状態でクロノの救出に成功した時、ルッカがクロノに抱きつく。さらに、帰ったあとにも「女の子を泣かせるんじゃない!」と罵倒される。本当はルッカもクロノの死に強いショックと悲しみを覚えていたし、クロノが帰ってきた時には抱きしめに行きたかったのだ。だが、マールがひどく動揺してメンタルが不安定になっていた上に、マールがクロノを好いていることを理解していたので、自分の気持ちよりもマールを優先していたのだろう。自分の気持ちよりも仲間を優先し、クロノ・マール・ロボといった年下メンバーの保護者としてふるまう、慈悲深く少し不器用なキャラクターなのである。ルッカは、メインヒロインのマールのような分かりやすいかわいらしさこそ持たないものの、物語の進行役といっても過言ではない存在感を持ち、ギャグシーンからシリアスシーンまでこなし、クロノ・マール・ロボといった年下メンバーを気遣う慈悲深さや弱みを見せない心の強さを持つ。その反面、ふとしたはずみで本当の気持ちをかいま見せる一面もあり、そこが一人の人間として魅力的なのである。そして、表面的なかわいらしさが低めなので、対比でその人間的魅力がより強調されており、一周回ってそこがとてもかわいらしいのだ。以上がルッカの魅力だと私は考える。 頂きましたサポートは、取材の資金にさせて頂きます。ご支援頂けますと泣いて喜びます。分類不可能な「除け者」な記事たちを収容する隔離場的マガジンです。
てなわけで、この「クロノはベッドでゴロゴロ・・・マール愚痴・・・のクロノとマールの結婚生活の夢のシーン」は誰が考えたんだろうと思ってしまう。 いや、これはトリガー物語上では別になくても差し支えの無いシーンである。 ルッカの死後、クロノとマールと共に子供姿でセルジュたちの時代に姿を見せるようになる(画像を参照)。亡霊のように半透明になっており、これはこの次元では死亡していることの暗示であるという。 それに対し、ルッカは幼なじみのクロノが死んでも極めてクールである。クロノが目の前で死亡した時、絶叫するマールに対してルッカは「私がついていながら」と保護者的な後悔の言葉を静かにつぶやく … 『『