大腸癌 ステージ4 完治
まだまだ生きたい。 35~49才女性 2019年 1users 日記 薬剤 検査 手術 リンク 大腸がん | ステージ4 抗がん剤 局所再発 … 私は肝臓に16個のがんがあり普通そんなの聞いたら重症みたいに思っちゃうと思います私は今は、抗ガン剤の副作用以外は痛い所もなくまだ今は体力があります本当に糖をとらない食事療法してからがんになる前より体調よくて自分でもびっくりしてますだからこの食事療法は体力がないとダメだと思います 体力がある今、やってみて効果をみたいです抗ガン剤とだからどっちかわからないって言われたらそれまでですが4月から10月まで抗ガン剤やりそれ以降メープルシロップ重曹と抗ガン剤多少CTみればわかるかなって食事療法も大事ですが私は気持ちが1番大事だと思ってます私は食事療法と抗ガン剤が私のがんに効いてるって思ってます引用元:Rikoさん(女性)今回教わったのは、ガンに対する正しい知識ホリスティック医学に基づいた体のコントロール方法、食事、呼吸方法、体操、イメージ療法でした。精神的にも楽になったし、何よりされるだけでなく、呼吸、体操、イメージなどで自分で治療に参加できることがうれしかったです!引用元:さっさん(男性)頂いたコメントの中で、「中治り」という言葉を頂きました。初めて見る言葉だったので、調べてみました。この日のさやかは、まさにその状態だったのかもしれません。この日は朝から体調が良く、さやかを連れて2時間だけの外出。自宅に帰り、久しぶりに娘と息子に会えて、さやかは嬉しそうでした。この後に起こる事を考えると、この時間を得る事が出来たのは、家族に迷惑をかけまいと気丈に振る舞い続けるさやかの姿を見ていた、神様のご褒美だったのかもしれません。引用元:さっさん(男性)午前10時からCART治療開始。M先生が病室に来て、鮮やかな手さばきで、お腹に針が刺されて行く。針を刺したのはお臍の下の辺り。あっと言う間に、黄色い液体がチューブを通して大きなパックに流れて行く。さやかの腹水の色は初めて見たが、先生いわく意外と鮮やかな黄色だと。これならば栄養もしっかり戻せるかもしれない、との事。腹水には血液が混ざる事が多く、赤みを帯びて濁った状態の場合もあるそうです。引用元:さっさん(男性)K病院を朝から受診。この日は主治医がいました。朝から制吐剤とアミノレバン。肝臓保護の点滴も入れたけど。意識も朦朧とし。歩く事もままならない。腫瘍性の疼痛も辛く、オプソとMSコンチンは容量をさらに上げ、痛みを誤魔化していました。引用元:さっさん(男性)A病院入院8日目。この日はA病院を退院する日でもありました。ほんの8日間なのに。永遠に続くような地獄を味わった日々。最初は淡い期待から始まり。病院側の態度に不安を感じ。何の説明も無い抗がん剤治療に疑いを抱き。頼みの肝動注を拒否する医療に怒り。最後はあり得ない医療ミスに恐怖を覚えた。こんな8日間を終えて。私が総じて感じたもの。それは敗北感。引用元:さっさん(男性)妻はまだ肝動注に繋がれている。抗がん剤が断続的に注がれている。吐血の原因はこの時明らかではありませんでしたが、すぐに中止すること。肝動注の針をすぐに抜いてもらいました。まだどこかで出血は続いていました。でも一旦。全てを出し切る事が出来たのか、また妻の吐血は落ち着きました。引用元:さっさん(男性)明らかに失敗でした。 ’にできる治療をおこなってくれる医療施設を紹介します。Copyright (C)

32歳 妻子癌ステージ4持ちの闘病日記とレース参戦記 20~34才男性 2011年 1users 日記 薬剤 検査 手術 リンク 大腸がん | ステージ4 抗がん剤 入院記録 ★★★ 2020-05-31 11:52:05. ~よくわかる大腸がんの基礎知識~大腸がんのステージ4の治療法をご紹介します。手術ができない場合に行なわれる治療法についても記載しているので、ぜひ参考にしてください。参照元:藤田 伸、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』小学館クリエイティブ.他の臓器に転移しているステージ4のがんでは、基本的には手術が行なわれず、肝臓は人にとって重要な臓器ではありますが、再生能力を持っているため、大腸がんが他の臓器に転移しているが手術によりどちらも切除できるケース。5年生存率が最も高い治療法です。この場合は、大腸がんは外科手術で取り除かれ、化学療法と放射線療法によって治療をします。どちらも手術で切除できないため、5年生存率がさらに低下します。早期のがんであればリンパ節に転移してる可能性が低いため、治療ができない場合でも、肛門側から取ることができないがんは近年ではQQL(生活の質)を考えて、肛門括約筋温存切除術がよく行なわれています。手術ができない大腸がんの場合は化学療法や放射線治療、緩和ケアなどが行なわれます。以下のページでは、実際にはどのような治療が行なわれるのか詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてください。森島俊二さん(男性)夜、寝る前、足の裏がかゆくて仕方がなくなる。何となく顔も黄色っぽい。1週間経ったら尿が紅茶のような色になる。1月15日に例の相模原市の総合病院に行くと、これは皮膚科じゃないと言われ外科にまわされる。血液検査の結果、「黄だん」という診断。自分でも「今までとは違ったことが起きている」と感じた。CT画像検査の結果、胆管がつまっていてビリルビンの値が上がっているとわかる。大腸がんのリンパ節転移によりリンパ節が腫れあがり胆管を押しつぶしていた。つまり2度目のがん転移だった。治療としては、まず狭まった胆管を内側から押し広げるためにステントを通す手術。さっそく内視鏡を使って行われた。もう一つの治療は絶食して点滴だけで栄養分を取り、時間とともに黄だんがひくのを待つ方法。なんともまったりとした治療で体力と気力がぐっと落ちた。結局1ヶ月半入院したが、ビリルビンの値は正常値にまで戻り、3月に退院。森島さんは今後の治療方針について意見を聞くため国立がん研究センター中央病院を訪れた。肝胆膵外科医によるとそのリンパ節は太い血管の近くにあるため手術はできないという。相模原市の総合病院と同じ意見だった。今後は、直に及ぶ抗がん剤治療のみとなった。引用元:森島俊二さん(男性)そして4月から抗がん剤(FOLFOX+パニツムマブ)治療が開始。3週間ごとに3日間入院して点滴で治療することになる。これが森島さんのサラリーマン人生に大きく影響した。コマ切れの出社になるし体調が悪い日も多い。自ら依願して長期の休職扱いにしてもらった。給料が出ない代わりに傷病手当が出るのだが社会保険料や税金などを会社に収めなくてはならない。収入は減ってしまった。抗がん剤(FOLFOX+パニツムマブ)の効果を感じるものの副作用には悩まされた。一番の悩みはアレルギー反応。皮膚障害が出てしまいCVポートによる治療ができないことだ。さらに薬を入れると1週間ほどはだるくて具合が悪い。引用元:森島俊二さん(男性)そんな生活が1年過ぎ、2013年4月、エルプラットによるアナフィラキーショックのため抗がん剤を変更することになった。今後は、「FOLFIRI」と「ゼローダ」の組み合わせとなる。FOLFIRIは点滴による抗がん剤治療だが通院による治療が可能。しかもゼローダは経口の飲み薬。だから入院しなくていい。これを機に森島さんは2013年のゴールデンウィーク前に会社に復職する。求めていた社会との繋がりが再び実現した。抗がん剤が替わったことでこうも生活が替わるものかと感じた。再び朝から会社に行って仕事をする生活に戻れたのだ。引用元:K・Tさん(女性)はい。抗がん剤はオキサリプラチン(エルプラット)、FOLFOX(フォルフォックス)でした。抗がん剤治療の副作用がつらいということは、もう誰もがわかっていることですけれども、実際それはやってみなければわからない。 だから、何もしないでいるよりまずは治療しなければいけない、と思って入院して抗がん剤治療を受けることにしました。エルプラット100%の量は2回受けました。1回目の時の副作用はそうでもなかったんですが、2回目の時はひどくて本当につらかったんですよ。しんどくってつらくって、歩けないくらい関節にもきました。 無理をして我慢して抗がん剤治療を受けながらの苦しい3年間を選ぶか、それとも元気な10カ月を選ぶかと問われたら、やっぱり元気な10カ月間で好きなことをやったほうがいいと思っていました。特に2回目の抗がん剤治療で副作用のつらさを経験して、それをとても強く感じました。「結局、家族みんなの足手まといになるばかりだし、私自身もとても苦しい。 この状態で永らえるとしても元気な10カ月を過ごしたい。こんな思いで生きているんだったら…」と夫にも話したことがあります。引用元:K・Tさん(女性)「次は抗がん剤治療の量を減らしたい」と夫に言いましたが、薬を減らすことに対して夫は抵抗があったみたいです。少しでもよくなってほしい、長くいてほしい、という気持ちはすごくよくわかる。だけど、やっぱり私は耐えられなかった。それで次からは80%の量にしたんです。それでも、だんだん回数を重ねるごとに抗がん剤が身体に蓄積されているんですね。治療が終わって元気なのは本当に2日間くらいだけでした。引用元:ルイルイさん(女性)私の食事は食事の前に人参、りんご、小松菜、レモン入りのジュース主食は玄米、サラダ、豆腐、温野菜です味はなしですがサラダには自然食で買ったドレッシングかけてますあとはガンに良い食べ物をいろいろ食べてます無農薬は高いし自然食も高いしかなり大変でもがんばらなきゃ引用元:ルイルイさん(女性)毎週月曜日は抗がん剤の日朝、7時すぎにタクシーにのり病院へ8時に機械があくから診察券をぴーと通すんだくど並んでる そしたら血液検査へこれまた行列血液検査したら消化器外科で血液検査の結果まちうーん9時半過ぎに呼ばれた今日は父が病院にきてくれた先生に副作用の事きいたり白血球はギリギリみたい肝臓は数値がよくなってきてたってまじ嬉しい父も少し安心してたこのまま効いてほしいなそして抗がん剤は血液検査の結果で作ります これまた40~1時間待ち緩和しつと言う所へいき抗がん剤が出来るまで待ってからスタートする今回ビリビリしびれがすぐにでてきた今も手足ビリビリ~口内炎の薬もらいました治ってほしい 痛すぎです引用元:ルイルイさん(女性)血液をサラサラにする痛い~い肩にするエキなんとかという注射名前わすれた~朝と夜に2回退院するまでうつみたいちょ~痛かった これずっとは辛いなぁ~引用元:ルイルイさん(女性)久々抗がん剤やってすぐ睡魔が アレルギー抑える薬が睡魔をおそうらしい~起きたら手がビリビリ してきたよ~また今日からビリビリ手袋生活ですでも出来て良かった~白血球は食べ物では上がらないと先生はいいますが私は調べて白血球が上がる食べ物を食べて来週月曜にまた血液検査の結果楽しみにしたいです引用元:ルイルイさん(女性)いろんな人に抗ガン剤やってるんだからストレスもよくないし食べたい物を食べた方がいいんじゃない❓と言われます