尊敬語 謙譲語 覚え方
小中学校で学ぶ「敬語」の使い方のうち、テストで出題されやすい内容をまとめました。尊敬語と謙譲語の使い分けを確認した後は、敬語の誤用について解説します。社会人として必須の敬語スキルを小中学生のうちに習得しておきましょう。 『…日本語で一番難しい分野ですよね。。国語で習ったときにはこんがらがってでも社会人としてそこで今回はについて詳しくお話しします。この3つを正しく使い分けるには一緒にがんばりましょう♪謙譲語・尊敬語・丁寧語の違いはという2点です。それぞれの意味から謙譲語を辞書で調べるとその動作や状態の主体を,相対的に下位にあるものとして示す単語や語法。とあります。つまり謙譲語とは自分を下の立場におくので尊敬語を辞書で調べると話し手が聞き手または話題の中の動作主、また、その動作・状態・事物などを高めて言い表すもの。とあります。つまり尊敬語とは自分の立場はそのままで相手を上に見るので丁寧語を辞書で調べると話し手が、聞き手に対して敬意を直接表したり、改まった気持ちで、言葉遣いを丁寧にしたりする時に用いられるもの。とあります。つまり丁寧語とは謙譲語と同じくとまあ意味を説明されても他にも注意が必要なのは、たとえば取引先からの電話で、いかがでしたか?です。こんがらがったときは謙譲語・尊敬語の使い分けは難しいですが、焦らず、少しずつ使いこなせるように 「謙譲語」という言葉は知っていても、意味や具体的な言い変えがわからないという人は多いようです。今回は「謙譲語」の意味や使い方をわかりやすく解説します。食べる・見る・聞く・言う・もらう、などの謙譲語が一目でわかる一覧もご紹介します。 『謙譲語』と『尊敬語』と『丁寧語』。…日本語で一番難しい分野ですよね。。国語で習ったときにはこんがらがって文法大嫌いになったのを覚えています(´;ω;`)でも社会人としてこの3つの正しい使い分けは大切です!そこで今回は『謙譲語』『尊敬語』『 古文の敬語がよくわからない方のために、敬語の見分け方や覚え方をご紹介します。尊敬語・謙譲語・丁寧語、それぞれの敬語の一覧を確認しながら、古典の敬語の基本をおさえていくのが重要です。 ひと目で分かる!ビジネスの場で使える「丁寧語」「謙譲語」「尊敬語」の一覧表です。電車の中や空き時間に確認できます。ここでは主に使用頻度の高いものを取り上げています。 敬語の使い方がわからず、ヘンな言葉遣いをしてしまった!なんて、社会人になってから苦労するものの一つが敬語の使い方ですが、特に尊敬語、謙譲語、丁寧語の違いについてはどこもわかりにくい! ビジネスシーンでは毎日とっていいほどに耳にする「いらっしゃる」と言う単語ですが、実はさまざまな意味を持っていることをご存知でしょうか。大変使い勝手が良いだけに、反面誤って伝わる可能性もある言葉です。そんな「いらっしゃる」の意味と使い方を改めてご紹介します。 敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類があります。尊敬語は相手の行動に使う言葉、謙譲語は自分の行動に使う言葉、丁寧語は丁寧に言う時に使う言葉です。それぞれの言葉の意味の違いを理解して、正しい敬語の使い方を覚えましょう。 「謙譲語」という言葉は知っていても、意味や具体的な言い変えがわからないという人は多いようです。今回は「謙譲語」の意味や使い方をわかりやすく解説します。食べる・見る・聞く・言う・もらう、などの謙譲語が一目でわかる一覧もご紹介します。 1.尊敬語(そんけいご) 2.謙譲語(けんじょうご) 3.丁寧語(ていねいご) この3種類から2007年にさらに細分化されて5種類になりました。 追加になったのが ・丁重語(ていちょうご) ・美化語(びかご) 特に日本で就職したい!アルバイトしたい! ョンもよくなります。敬語は、大きく分けると尊敬語(そんけいご)、謙譲語(けんじょうご)、丁寧語(ていねいご)の3つに分類できます。敬語は算数・数学のようにとっつき難い計算は必要ありませんので、この3つの基本を覚えて形に当てはめてもらえれば誰でも敬語を話すことができるようになります。敬語が難しいと感じている方は、尊敬語と謙譲語の意味が曖昧になっていることが多いです。また、敬語は、尊敬語、謙譲語、丁寧語に分けられますが、文化審議会の答申として敬語の指針というさらに細かく分けたものがあります。※尊敬語は分かれませんが、謙譲語は謙譲語Ⅰと謙譲語Ⅱに分かれ、丁寧語は丁寧語と美化語に分かれます。それでは、尊敬語、謙譲語、丁寧語の特徴と使い方について見ていきましょう。尊敬語とは、相手側の動作、行動、状態に対して話し手が敬意を表して述べることです。例えば、目上の人に対して尊敬語を使うなどのような目上の人に対して、相手を立てる時に使います。尊敬語は相手の動作に対して敬意を表すので、対象となる言葉(動詞)を尊敬語へ変化させます。動詞を尊敬語にするには、大きく分けると次の2つの方法があります。尊敬語と謙譲語を間違えて使うことが多いので間違えないようにしてください。みなさんは、尊敬語と言えば、まず、動詞をあらかじめ決まっている尊敬語に置き換える方法を思い浮かべるのではないでしょうか。例えば、「食べる」、「見る」を尊敬語に置き換えてみましょう。「食べる」を尊敬語にすると「召し上がる」になります。食べる→召し上がる「見る」を尊敬語にすると「ご覧になる」になります。見る→ご覧になるこのように、あらかじめ決まり切った形になっている尊敬語の言葉を使います。下の表はよく使う尊敬語ですのでしっかり覚えてください。次の方法は、になる、くださる、なさる、られるを動詞の語尾に付け加え、さらに「お」、「ご」を動詞の先頭につけます。この方法は、特に意識していなくても普段から何気なく使われている方は多いのではないでしょうか。話す、書く、帰るを例にして見ていきましょう。このように、特定の言葉をつなぎ合わせれば尊敬語に変わります。名詞を尊敬語にするには、相手側に関するものの言葉(名詞)の先頭に「お」や「ご」をつけます。この名詞の尊敬語も何気なく使っている方は多いと思います。次のように、名前、気持ち、住所、満足、車などの名詞の先頭に、「お」、「ご」を付けて、お名前、お気持ち、ご住所、ご満足、お車にして使います。お、ごを付ける方法このように、おやごをつけてると尊敬語に変わります。二重敬語とは、通常は1つの言葉に対して1つの敬語を使いますが、間違えて2つの敬語を重ねて使ってしまうことです。例えば、「お帰りになられる」という尊敬語は正しいでしょうか?お帰りになられるとは、お帰りになられるは二重敬語の2つの敬語を二重に使っているので間違いとなります。言葉の響きで判断せず、複雑に考えないようにして、正しい使い方を覚えましょう。謙譲語とは、自分自身の動作、行動、状態に対してへりくだることで、その結果、相手を立てる表現です。謙譲語は自分の動作を低く表すので、対象となる言葉(動詞)を謙譲語へ変化させます。動詞を謙譲語にするには、大きく分けると次の2つの方法があります。謙譲語と尊敬語を間違えて使うことが多いので間違えないようにしてください。普通の言葉を謙譲語に置き換える方法は、尊敬語に置き換える方法と同様に馴染みがあるのではないでしょうか。例えば、「もらう」、「行く」を謙譲語に置き換えてみましょう。「もらう」を謙譲語にすると「いただく」になります。もらう→いただく「行く」を謙譲語にすると「伺う」になります。行く→伺うこのように、あらかじめ決まり切った形になっている謙譲語の言葉を使います。下の表はよく使う謙譲語ですのでしっかり覚えてください。次の方法は、いたす、申し上げる、いただく、するを動詞の語尾に付け加え、さらに「お」、「ご」を動詞の先頭につけます。この方法は、特に意識していなくても普段から何気なく使われている方は多いのではないでしょうか。話す、書くを例にして見ていきましょう。このように、特定の言葉をつなぎ合わせれば謙譲語に変わります。名詞を謙譲語にするには、自分側に関するものの言葉(名詞)の先頭に「お」や「ご」をつけます。この名詞の謙譲語も何気なく使っている方は多いと思います。知らせ、願い、連絡、案内などの名詞の先頭に、「お」、「ご」を付けて、お知らせ、お願い、ご連絡、ご案内にして使います。お、ごを付ける方法このように、おやごをつけてると謙譲語に変わります。尊敬語はわかるけど謙譲語はよくわからないという方は、尊敬語と謙譲語は違いますので基本をしっかり覚えましょう尊敬語は相手が主語の時に使い相手を高めること、謙譲語は自分が主語の時に使い自分を下げることです。例えば、「食べる」を尊敬語と謙譲語にすると、食べるの尊敬語と謙譲語となります。「召し上がる」と「いただく」を使って文を作ると次のようになります。召し上がるといただくを使った尊敬語と謙譲語次の文は、尊敬語と謙譲語の使い方が間違っている文です。尊敬語と謙譲語の間違えの文このようにはなりませんので気をつけてください。丁寧語は、丁寧語と美化語の2つがあります。丁寧語は相手に対して丁寧に述べるもの、美化語は言葉を上品にするものです。丁寧語を覚えて言葉を綺麗に使いましょう。丁寧語は、相手に対して丁寧に物事を述べる時に使います。私たちは、普段の会話で丁寧語を何気なく使っていますので理解しやすいと思います。使い方はとても簡単で、文に「です」「ます」をつけるだけです。丁寧語の例文また、「ございます」を使うことにより、です、ますよりも丁寧さが増す言い方になります。美化語とは、言葉を上品に表す時に使います。また、相手がいなくても、どんなときにも使えます。使い方はとても簡単で言葉の先頭に「お」、「ご」をつけるだけです。美化語の言葉このように、おやごをつけてると美化語に変わります。みなさんは、改まった(きちんとした)場面で使われる改まり語をご存じですか?普通の言い方をするよりも、改まり語を使った方が丁寧さが増します。例えば、改まり語の例文といわれた時、みょうにちを使った方が丁寧に聞こえませんか。是非、次のような改まり語を覚えて使ってみてください。(記事作成日:2016å¹´7月20日、最終更新日:2019‎年8‎月25‎日)