服部平次と吸血鬼館 和葉 声

大阪在住で出番が多いにもかかわらず、本編では地元の大阪で事件に遭遇することは少ない名前の由来は、テレビドラマ『コナン(新一)以上に勝ち負けにこだわる負けず嫌いな性格で「西の高校生探偵」を名乗ることとは対照的に、平蔵のことを公言することは嫌っており、大阪以外で彼の影響力を使ったのは小説版「京都新撰組殺人事件」のみ関西人と思われないためにコナンたちに黄昏の館に多くの名探偵が招待された際、平次は中間テストが近いという理由で静華によって断られていたことからも、平蔵も静華も平次には探偵業よりも学業を優先させていることが分かる第1回キャラクター人気投票での順位は5位(222票)。テレビ&劇場版15周年記念のキャラクター人気投票では3位、2012年連載800回記念キャラクター人気投票では5位だった。2017年、アニメ!アニメ!では「一番好きな関西弁キャラは?」と題するアンケートを実施した際、1位に服部平次が選ばれた。劇場版には第3作『第7作・第10作・第21作ではコナンと共にメインを張っている。第13作・第14作・第17作では、コナンたちとは別行動で事件を捜査するサポート役として登場高校では世間で自分と比較されている新一と対決するため、毛利探偵事務所に乗り込んだのが初登場それ以降も新一のことをライバル視していたが、『ホームズフリーク殺人事件』の推理披露のためにコナンに時計型麻酔銃を撃たれ、その推理の途中で小五郎に殴られたショックによって目を覚ますと、その口調と論理の組み立て方からコナンの正体が新一であることに気づき、彼の事情を知ってからはコナンの良き協力者の1人となる。プライベートで東京を訪れる際には毛利探偵事務所に泊めてもらったり食事を共にしたりするほか、偶然2人で同じ事件に遭遇した際には「探偵は探偵を呼ぶ」と言ってコナンとの再会に上機嫌になったりと、ライバルというよりは親友同士のノリで理解しあっておりコナンが新一である事実を知っている一部の関係者以外の前では、真相が露見しないように気をつけてはいるが、ほぼ毎回コナンのことを「工藤」と呼んでしまい、周りの人間(特に蘭)から疑いの目を向けられてしまう。そのたびにコナンを冷や冷やさせているが、大阪人らしくボケで誤魔化しているなお、平次自身はコナン(新一)の協力者(親友)として、平次は作中で2回、新一に変装している。1回目は蘭がコナンの正体が新一であることに気づいた際、疑いを晴らすために新一へ変装して蘭の前に現れたが、前述の通り結果は失敗に終わる。2回目はハロウィンの仮装パーティーの際、コナンからの携帯メールで新一へ変装するように頼まれ、実行した。このときは新一の母・有希子による特殊メイクで顔まで本人に似せており、声は別地点にいるコナンが平次のネクタイに仕込んだスピーカーからマイク越しに出していた。変装を解いた際にはこれらの仕組みを明かさなかったため、平次が単独でやったと思っている周囲はその出来に驚いた。 715話 服部平次と吸血鬼館(四) より ... コナンSS 蘭と新一に平次と和葉も羨む光景 恋愛短編小説名作集 - Duration: 10:10.

和葉との仲は、新一としかし、昔から心の底で和葉を意識しており、彼女がコナンや他の男と仲良くしたりすると嫉妬の炎を燃やし、推理に集中できなくなってしまうその後、和葉がガラの悪い男たちに拉致された(ように見えた)際には「オレの和葉に何さらしとんじゃ!」と激高し、掴みかかっている普段は探偵でのライバルは前述のように新一であるが、剣道でのライバルは京都泉心高校制服は 『服部平次と吸血鬼館』 「きゅうけつきかん」って読むんだと思ってたら、「きゅうけつきやかた」なんですね~ だったら、間に『の』を入れて欲しかったなぁ・・・なんて思うのは私だけでしょうか? アニメ第715話「服部平次と吸血鬼館(四)」を見ました。 (2013.10.27/00:08) CM:8 | 雨ばっかりでお日様が恋しい~ 夕方ちょっと晴れたけど、虹は見えなかった。 洗濯物もお日様が恋しいって言ってるよ(言わねーよwww) 吸血鬼館シリーズ、解決編です。 料理が得意であり、蘭とともに食事を作ることも頻繁にある原作での初登場は19巻で、劇場版では、第3作で初登場。それ以降、第7作・第10作・第13作・第14作・第17作・第21作に登場(毎回平次とペア)している。そのうち、第7作では京都のドラマ版では、東京(大阪を訪れてお好み焼き店に入ったコナン一行(平次との初上京以降、コナンや蘭とはさらに親交を深めている。コナンのことは可愛がっており、蘭と同様に優しい態度で接しているが、その行動力を見てただの子供じゃないと思っているふしもある。また、『蘭とは初期こそ平次との仲を疑い本編に登場する時は、コナン・蘭・平次と一緒に事件に関わるという展開がおおむね定番化されており(この4人に小五郎が加わることも多い)、コナンと平次が事件を推理する傍らで蘭と一緒に行動し、事件解決のサポートを担って蘭と共にヒロイン的な役割や活躍が描かれることも少なくない蘭の親友である 遠山 和葉(とおやま かずは)は、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメなどのメディアミックス『名探偵コナン』の作品に登場する架空の人物。 アニメでの声優は宮村優子が担当する。 ドラマでの俳優は岡本玲が担当。 父は名前の由来は、「遠山」は気さくで明るく、面倒見の良い性格をしている。ナンパされたり好意を持たれたりすることもあるほど可憐な容姿だが、その裏腹に、気の強い一面もある。特技は一人称は「アタシ」「平次の姉役」を自称している。平次のことが好きだが当初はまだ告白しておらず平次の剣道の試合では、試合に出ないにもかかわらず部員たち以上に張り切ったりするなど、彼同様に負けず嫌いな面もある。平次に惚れているゆえか、彼のことになると後先考えずに無鉄砲・無茶な行動に走る傾向がある犯人の遺留品に気付いたり、平次の残した暗号のメッセージを解読したりと、人並み以上の推理力もある。勘も良く、蘭と共同で事件を推理することもある。現時点で、意地っ張りでお化けや雷が嫌いなど、蘭と似たところがある。停電した時は近くに居た男性の腕に思わず抱きつくなど、意図せずに平次を嫉妬させることも多い。