洗礼 必要 ない

特殊な議論になるかも知れませんが おしえてください。わたしは この水の洗礼を受けていない自称のキリスト者です。ヨハネ福音は《血によらず 肉の意志によらず 人間の意志によらず 神によって生まれる》(1:13)と説きます。水 以前集っていたところの人の中で「洗礼はユダヤ人が対象じゃないかしら」と言う人もいました。滅多にその人たちとは出会いませんが、本当に洗礼が必要ならば、これからはどのようにその必要性を説いたら良いか苦慮します。 ペテロがあるとき、「民衆たちは喜んで洗礼を受けていきますが、私たちの洗礼はどうなるのですか?」とイエスさまに尋ねたときに、別にその必要はないと説明を受けた後、イエスさまが、その代わりにと弟子たち一人ひとりの額に接吻していくのです。 洗礼を受けてイエス様を信じている人は誰であれ、この恵みによる救いにあずかります。「あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。 それは、あなたがた自身から出たものではなく、神の賜物である。」聖書によれば、救われるためには洗礼と信仰が必要です。神様が聖書で言われていることを軽んじるべきではありません。たしかに聖書は、洗礼を受けないまま救われた人々のケースについても、記しています。聖金曜日に、イエス様はご自分と共に十字架にかけられた犯罪人の一人に対して、このように神様は、私たち人間に用いるよう命じられた「恵みの手段」を介さずに、救いの活動を遂行なさることもできます。洗礼を受けないままで死んでしまう子どもたちもいます。「(福音を)信じてバプテスマを受ける者は救われる。 しかし、不信仰の者は罪に定められる。」信仰の問題を真面目に考えてはいるがまだ洗礼は受けていない、そんなあなたに私は次のメッセージを送ります。洗礼を受けるべきかどうか、今あなたは迷っているかもしれませんね。あなた自身は洗礼を受けたいのに、何かの事情ですぐには洗礼を受けることができない場合もあるかもしれません。何かの事情でまだ洗礼を受けていない自分の子どもに洗礼を受けさせるべきかどうか迷っている、そんなあなたに私はこう言いたいです。そう、子どもにも洗礼を授けるべきです。「すると、ペテロが答えた、 「悔い改めなさい。洗礼は二度受ける必要はないし、二度受けるべきでもない、と聖書は教えています。しかし、再び洗礼を受けたいと思う人や、それを実行してしまった人もいます。洗礼を再び受けた人は正しくない行いをしたことになります。「主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つ。」キリスト信仰者は聖餐式に参加します。「聖餐式で食するパンはイエス様の体であり、飲むぶどう酒はイエス様の血における新しい契約である」、と聖餐式の設定辞は告げています。聖餐式で、私たちはイエス様に出会い、イエス様は私たちに出会われます。「イエス様の御許に近づくためにどこに行くべきだろうか」、と思い悩む時には、聖餐式に参加してください。聖餐式に参加しても、「私は今イエス様と出会っている」という実感がいつも湧くわけではないし、むしろそのようなことはあまりないかもしれません。「一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福してこれをさき、弟子たちに与えて言われた、もっと見る聖餐式で私たちはイエス様と出会います。救い主イエス様には特別な一つの職務があります。宗教改革者マルティン ルターは聖書をよく知っていました。聖餐式について聖書が約束していることを信頼して聖餐式に参加し、イエス様の体と血をいただく人は、罪の赦しを受けられます。これではあまりにも単純で簡単すぎる、と感じる人もいるかもしれません。「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者には、永遠の命があり、わたしはその人を終りの日によみがえらせるであろう。」聖餐式は、洗礼を受けているキリスト信仰者のために用意された礼拝の中での食事です。信徒教育に関してどうして教会はこうした手続きをとるのでしょうか。聖餐式に参加するのは「敷居が高く」感じられる場合もあります。しかし、このように考え始めたらもうおしまいです。まったく逆です。聖餐式は、罪の赦しを必要としている人のために設定されています。その一方で、聖餐式は、イエス様を必要としていない人のためのものではありません。「キリストの体を食べ血を飲むことで、逆に自分に裁きを招く場合も起こりうる」、と聖書は警告しています。この警告は、「善人でない者や信仰が強くない者は聖餐式に参加してはいけない」、というように理解される場合がありますが、上に述べたようにそういう意味ではありません。「だから、あなたがたは、このパンを食し、この杯を飲むごとに、それによって、主がこられる時に至るまで、主の死を告げ知らせるのである。」 牧師が人の頭の上に水をかけて、それは、イエス様が洗礼を授けるように命じておられるからです。人は洗礼を通してイエス様が成し遂げられたことを自分にもいただけるようになります。「洗礼を受ける時、私たちはキリストを着ることになる」、「水を人に振りかけるだけの儀式がこれほど偉大なことを本当に実現するのだろうか」、神様は、人が洗礼を受ける時に働きかけてくださると約束なさいました。イエス様は、十字架の死と死者の中からの復活とによって、救いの御業を成し遂げられました。「それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。もっと見る私はずいぶん昔に洗礼を受けました。少なくとも私にとって、洗礼は非常に大切なことを思い起こさせてくれます。あるがままの自分で、特別なことは何も行わず、何もできず、自分をよりよく変えることもないままで、私は神様に受け入れていただきました。洗礼の意味を、毎朝自分に思い起こさせてみたらどうでしょうか。恵みによる救いとは、自分のよい行いには一切関係なく神様の家族の一員に加えられ、ありのままの自分として永遠の命の世界に入れていただける、ということです。 洗礼(水のバプテスマ)について①聖書の中で「信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。(マルコ16:16)」と書かれているので、特殊な事情(病気やふさわしい教会が近くにない等)がない限り、洗礼は受けるべきです。 今日の聖書の言葉201402.07「事情があってまだ洗礼を受けていないの。私はクリスチャン失格ね」テキストで読む私は聖書を学び、イエス・キリストを信じましたが、まだ洗礼を受けていません。洗礼を受けないとクリスチャンではないのでしょうか。洗礼とはなんですか。また洗礼を受けなければ、救われませんか。洗礼の理解に関して、キリスト教界の中にも多少の混乱があるように感じます。つまり、一つになるということです。通常の形式では、受洗者は水の中に入って全身を浸します。その人はずぶ濡れになります。そのことが、一体化を象徴しているわけです。その一体化とは、もちろん、「イエス・キリストとの一体化」です。「人は信仰ともう一つ付け加えますと、既に救われている人が受けるのが洗礼です。従って、信仰がない人が洗礼を受けても、なんの意味もありません。「水」そのものに祝福する力があるわけではないのです。もしそうなら、「世界で一番祝福されているのは金魚だ」ということになります。水には人を救う力はありません。洗礼は救いの条件ではありませんが、それでも重要です。なぜなら、洗礼は、イエス・キリストを信じてクリスチャンになった人が、キリストに従順な生活を始める第一歩となるからです。洗礼を受ける第一の理由は、「イエス・キリストがそう命令されたから」です。クリスチャンとは、「イエス・キリストに従う人」のことです。クリスチャンになった人は、「私はキリストを信じて、キリストと一体となった」ということを表現するために、洗礼を受けます。以上のことをまとめてみましょう。洗礼は救われた人が受けるものです。キリストは、私たち人間が「霊と肉」からできていることを、よくご存知です。洗礼を受けた後は、「あぁ、私は救われてクリスチャンになった」という確信が深まります。これは不思議なことですが、体験的事実です。イエス・キリストは、私たちが弱い者であって、そのような外面的な儀式が必要であることをよくご存知です。特別な事情がない限り、信じた人は、なるべく早く洗礼を受けるのが良いと思います。「それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、もっと詳しく知りたい方は△イエス・キリストも、バプテスマのヨハネから洗礼を受けています。当時行われていた洗礼の様子と、現代のクリスチャンが受ける洗礼の意味がよくわかる箇所です。聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
洗礼は二度受ける必要はないし、二度受けるべきでもない、と聖書は教えています。 洗礼は生涯で一度だけ受ければよく、その洗礼はいつまでも有効です。
「事情があってまだ洗礼を受けていないの。私はクリスチャン失格ね」 「まだ信仰ははっきりしていないけど、洗礼を受けたら良いこと起きるかな?」 どちらの考えの方にも何と言ってよいか分からない・・・そんな先輩クリスチャンも多いのではないでしょうか。 洗礼は二度受ける必要はないし、二度受けるべきでもない、と聖書は教えています。 洗礼は生涯で一度だけ受ければよく、その洗礼はいつまでも有効です。 確かに、 “正式な”クリスチャンになるには洗礼は必要です。 ただ、 洗礼を受けていないとクリスチャンを名乗ってはいけないのかと聞 かれたら、そうとは言えません。 こちらが洗礼を受けている・いないにかかわらず、すべての人にそそがれています。太陽の光みたいなものですね。 洗礼式をする前と、したあとで、神さまの愛が変わることはありません。その愛は、受洗しないと受け取れないというものでもありません。