aks47 次世代 カスタム
慣性によって後退したピストンと連動しているボルトカバーには、内部にボルトを回転させるためのスロットルが彫られています。このスロットルによってボルトから突き出たカムが導かれ、ボルトを回転させてロックを解きます。また、フルオート時にはセミオートの時よりBB弾が広がりますので、精密の狙う場合にはセミオートで撃つことをおすすめします。サバゲーのゲーム展開によって、直撃弾でHITを狙うか、フルオートでバラ撒いて威嚇するのか、或いは味方の進行を援護するのかは、状況に合わせて使い分けてください。プラフレームの時には、特に銃身部が長いモデルで、フレームと銃身の結合部に、ギシギシと軋みや捻じれを感じ、サバゲーで使用するのに不安感が付き纏っていたのですが、フレームがメタル素材の次世代電動ガンになってからは、一挙に不安が払拭されました。東京マルイの次世代電動ガンの命中精度は素晴らしいの一言です。スタンダード電動ガンと比べれば「雲泥の差」があります。セミオートで狙えば30㍍先のターゲットなら、ほぼ毎回同じポイントに着弾します。40㍍先でも人形ターゲットを十分にこなしてくれます。仰角をつけて、ターゲットの少し上を狙えば、50㍍先のターゲットにも五分五分の確率で着弾してくれます。30㍍:必中距離、40㍍:有効射程距離:50㍍:威嚇射撃距離と言っていいと思います。東京マルイの次世代AK47のストックとフォアグリップは、プラ製ながら木の風合いをプリントによってよく再現されています。しかし、リアルなウッドパーツの質感を求めている方のために、木製のストックセットが販売されています。本物の木の質感を味わいたい方にはおすすめです。東京マルイの次世代電動ガンAK47の最大の特徴は、次世代AKシリーズとして初めて「オートストップ」機構を搭載したことです。東京マルイは過去にAKシリーズの次世代電動ガンとしてAK74MNを基本としたバリエーション展開をしていましたが、いずれもオートストップは搭載されておらず、全弾を撃ち尽くしても、作動は続いたままという仕様でした。また、リロード後も特別な操作も必要とせず、マガジンを電動ガン本体に入れたら、トリガーを引くだけでBB弾を発射できるので、スタンダード電動ガンの延長のような操作でした。電動ガンの剛性というのは、ただ本体が頑丈になるだけではなく、命中精度にも影響を及ぼす要因となるので、フレームの剛性がアップするのは、サバゲーで使用するゲーマーにとっては大歓迎なことです。ただ、いくらフレームがメタル素材で頑丈になったと言っても過信は禁物です。実際に次世代電動ガンのM4やAK74のフレームが、転んだり、落としたりした拍子にポッキリ!と折れるのを幾度も目の前で見てきました。これは、軍用銃にとっては実に大事なことで、この適応性の良さで世界中に広まりました。ソ連軍での採用から70年たった現在でも、マイナーチェンジを重ねながら、基本的なメカニズムはそのままで世界中で使われています。まさに名銃と言っていいと思います東京マルイの次世代電動ガンを手にしてまず感じるのは、フレームにメタル素材を使用していることです。フレーム素材にプラスティック素材を使用していたスタンダード電動ガンと比べると、電動ガン本体の剛性感と実銃が持つような質感がかなり向上していることです。このあたりの企業姿勢が、数あるエアガンメーカーの中で、多くのサバゲーマーから「東京マルイが一番!」と支持を受ける理由でしょう。これからサバゲーを始められる方、または初めて間もない方にとって、次世代電動ガンの購入は決して安い買い物ではありません。本体購入以外にスペアーマガジンを揃えるというのはかなりの負担になってきます。そんな人にとって、スタンダード電動ガンの600蓮マガジンが使えれば、とりあえずは多弾数マガジンが一本でサバゲーに参加できます。次世代電動ガンに限らず、エアガン全体のカスタムに言えることですが、自分が求めるカスタマイズの方向性を決めることが重要です。外装カスタムで拡張性を広げるのか?或いはメカボックス内部にまで手を入れて性能を底上げするのか?性能の底上げといっても、ハイサイクルを目指すか、弾速を上げるのか、頑丈なパーツに組み替えて耐久性を上げるのか、詰め物をして静粛性を求めるのか、それらを踏まえた上で、トータルのバランスを保つことが重要になってきます。全く個人的な感想なのですが、次世代AK47をサバゲーで使うとすれば、PMC装備がよく似合うと思います。中東辺りの戦場に派遣されたPMCという設定で、アサルトライフルは現地で調達したAK47というプロットです。AK47ならアサルトライフル自体が掃いて捨てるほど現地で調達できますし、マガジンやカートリッジの入手にも事欠きません。この入院生活中に、ドイツ軍に撃ち勝つサブマシンガンを設計することを決意します。退院後にカラシニコフはサブマシンガン開発の許可を得て、試作銃の設計に取り掛かります。平時なら一介の元戦車兵に銃器試作の許可などは降りないのですが、戦時中であったため、一つでも武器を多く欲しい造兵廠は、彼に試作銃を設計する許可を与えたのです。後退したボルトは薬莢を排出後、次弾を装填して最初の状態に戻ります。以上がAK47の作動の仕組みです。東京マルイの次世代電動ガンの到達飛距離は、上で述べたように、水平弾道なら40㍍ほど、仰角を付ければ50㍍ぐらいまでは届きます。ただし、40㍍を過ぎると、直撃弾というより、低伸弾道の勢いがなくなり、ホップ回転で上昇したBB弾が落ち際に着弾するという感じです。また、サバゲーを初めて間もない頃は、敵と遭遇すると脳内にアドレナリンが増量サービス状態になるので、残弾数を把握しながら撃つなんて芸当は無縁のものになります。そんな方にとって、残弾を気にせずに撃ちまくれる多弾数マガジンを使えるのは、かなりのサポートになります。ちなみに今までで一番激しいリコイルを感じたのは、金属製のボルトがブローバックするマルシン工業の「COLT XM177E2」という金属製アサルトライフルのブローバックモデルガンでした。その次が、ウェスタンアームズのマグナブローバックSR16というモデルでした。東京マルイの次世代電動ガンのリコイルは「あっても邪魔にならない」程度と思っていてください。ここでは、既存の次世代電動ガンのAKシリーズや、スタンダード電動ガンのAK47と比べてどのような特徴があるのかを述べてみます。カラシニコフが最初に設計したサブマシンガンの試作機はトライアルの結果、採用はされませんでした。この時に採用を勝ち取ったサブマシンガンが後のPPS43になります。しかし、試作銃を作った実績と才能が、銃器関係者の目に止まり、その後も新たなサブマシンガンの試作開発を続けていくことになります。その後も、いくつかの試作銃やトライアルを経て、1946年に一つの試作銃の設計図を軍に提出します。次世代電動ガンとしては、AK47の発展型のAK74というアサルトライフルをモデル化していますが、AK47自体はスタンダード電動ガン以来、初めての次世代電動ガン化となります。スタンダード電動ガンのAK47も剛性は高いと言われていましたが、今回の次世代化によってフレームの材質がメタル素材となったため、今までと比べてさらに電動ガン本体の剛性感がアップしました。ここまで、次世代電動ガンのAK47についてご説明をしてまいりましたが、AK47を知らない方のために、少しだけAK47の実銃についてのご案内をいたします。東京マルイの次世代電動ガンには、機種によっては、マガジンのBB弾を撃ち尽くすと作動が停止して、マガジンチェンジを行わないと電動ガンが作動しないモデルがあります。今回の次世代電動ガンAK47も、マガジンのBB弾を撃ち尽くすと作動が止まり、マガジンチェンジ後にボルトレバーを引かないと、再発射ができないシステムが組み込まれています。AK74MN、SCAR、HK417,416D、その他の東京マルイの次世代電動ガンを撃って来ましたが、リコイルが激しいと感じたことは、一度もありません。東京マルイの次世代電動ガンのリコイルが激しいというのは「スタンダード電動ガンと比べれば」というレベルなので、メーカーの宣伝文句を真に受けて、リコイルを期待して購入すれば、おそらく期待はずれに終わるでしょう。AK47を世に送り出したのは、1914年~1991年までユーラシア大陸と東ヨーロッパに権勢をふるった一党独裁の社会主義国家「ソビエト連邦」です。ソビエト連邦という国家体制は1991年の「ソビエト連邦崩壊」とともにこの世から消え去りましたが,AK47というアサルトライフルは、AK47Ⅰ~Ⅲ型、AKM、AK74と発展しながら現在も世界中の紛争地域やゲリラ戦で使われ続けています。撃発の瞬間もボルトはロッキングラグによって閉鎖状態のままブレットが抜けるまでロックされるロックが解けたボルトは後退しながらチャンバーから空ケースを排出する。東京マルイ次世代AK47特集!サバゲー向けのカスタムや楽しみ方を解説!のページです。暮らし~の[クラシーノ]はアウトドアに関連するキャンプや釣り、登山などの情報発信メディアです。これから始める方に向けて、魅力や必要な知識・道具をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。そのため、オートストップを搭載したM4系の次世代電動ガンと比べれば、操作感のリアルさに乏しく、今ひとつ積極的におすすめする気にはなれませんでした。しかし、今回の次世代AK47では、全弾発射⇒作動が止まる⇒マガジンチェンジ⇒ボルトレバーを引き直さないと動かない!というAK47本来の操作を取り入れているので、サバゲーにリアルさを求めている方にも、自信をもっておすすめできます。次弾がボルトに押されフィーディングランプを通ってチャンバーに入る様子カラシニコフが設計し、ソ連軍によって採用されたアサルトライフルは、ソ連という国家を通じて、社会主義諸国に拡散していきます。AK47の特徴は、とにかく頑丈で壊れにくく、環境の変化にも影響を受けないところにあります。熱砂の砂漠から極寒のシベリアまでどんな環境ででも快調に作動します。砂が入り込もうが、泥に塗れようが、水に沈もうが、AK本体を軽く降って異物を取り除くと、なんでもないように動いてくれます。初めて東京マルイの次世代電動ガンを撃ったのは、次世代が出始めた頃に「AK74MN」というモデルを試射したのですが、30㍍先の20センチの的に、全弾が命中したのを体験して、「もう、スナイパーライフルは事実上いらないな・・」と感じました。その後も、M4系、HK416系、SCAR、G36系アサルトライフルを撃ち比べてきましたが、いずれも素晴らしい命中精度と安定した弾道をみせてくれます。東京マルイの次世代電動ガンの命中精度は、射撃やサバゲーといった遊び方の中で、一番美味しいところでしょう。東京マルイの次世代AK47は光学機器が載せられません。それようのパーツも販売されていません。そのため、オープンサイトを使ったリアルな戦い方が主体となります。また、オートストップ機能があるために、リロードも実銃を扱うようなリアルな手順でないと、発射できなくなっています。つまり次世代AK47はリアルに徹したサバゲーでの遊び方に向いています。東京マルイの次世代AK47は、サバゲーで使用するだけなら内部のカスタムは必要ありません。次世代AK47の内部はかなり微妙なバランスで成り立っています。次世代AK47のインナーバレルは300ミリとなっていて、スタンダード電動ガンのAK47や、同じ次世代のAK74のインナーバレルと比べるとかなり短くなっていあます。おそらく、ホップやピストン周りを微妙な調整を施して、流速っぽいアレンジがなされているのではないかと推察できます。ロックを解かれたボルトは、薬莢のリムをエキストラクターで咥え、引き出しながら後退します。この時ボルトの後端がハンマーを倒しながら後退を続けます。スタンダード電動ガンしかなかった頃には、自分で30発のBB弾をカウントしてマガジンに詰め、ゲーム中は発射音の変化で弾切れを察知してマガジンチェンジを行っていました。しかし、「M4 SOPMOD」登場で、マガジンはリアルな装弾数に設定でき、全弾を撃ち尽くすと自動で停止して、マガジンチェンジ後にボルトリリースレバーを押さなければ作動しないという、リアルな操作感に、リアルカウント派は狂喜乱舞して、「M4 SOPMOD」を歓迎しました。その流れは、今度の次世代電動ガンAK47にも受け継がれています。ただ単にパーツをポン付けで組み込むことがカスタムではありません。それは単なるパーツ交換にすぎません。カスタムとはパーツの持つポテンシャルを引き出すための自分なりの創意工夫が加わって初めて自分だけのオリジナルカスタムとなります。これから次世代AK47のオリジナルカスタムを考えておられる方は、そのようなことも頭の片隅に置いてチャレンジされて下さい。初めにご忠告しておきます。このカスタムパーツは東京マルイの次世代AK47に対応はしておりません。しかし、次世代AK74用のカスタムハンドガードはパーツとして流通していますので、創意工夫と努力次第では流用することが可能です。AK47ユーザーが一番悩むのは、AK47自体に拡張性という概念が盛り込まれていないことです。そのためにドットサイトどころか、ライトすらもアサルトライフル本体に取り付けられません。そのAK47に拡張性を持たせるために多少の加工や切除、すり合わせ等の努力を厭わない人には、オリジナルカスタムのAK47という称号が与えられるでしょう。本当のカスタムというのは、ここからがスタートです。パーツをポン付けするだけでは、ただのパーツ交換であると思っていて下さい。この「オートストップシステム」は、東京マルイ次世代電動ガンの第二弾である「M4 SOPMOD」から搭載されたのですが、このシステムを歓迎したのは、リアル装弾でサバゲーに臨むプレーヤーの方々でした。「リアル装弾」とは、実銃と同じ装弾数のBB弾をマガジンに装填して、緊張感のあるゲーム展開とマガジンチェンジを愉しむやり方のなのですが、ある程度の経験と年数を重ねたサバイバルゲーマーが、好むスタイルです。ガス圧によって後退したピストンと、連動しているボルトカーバー内部のカムによって、ボルトが回転しルックが解かれていくバレル内をブレットが抜けた後も、ガス圧によってピストンが下がり始める様子そのメカボックス内部に下手に手を加えると、かえって基本性能を下げてしまいます。故障などの場合もメーカーに依頼することをおすすめします。下手に電動ガンをバラして手を加えると、東京マルイのサービスの対象外になり、修理も受け付けてもらえなくなります。次世代電動ガンは、リコイルユニットを搭載しているために、スタンダード電動ガンに比べると、分解もややこしいことになっています。電動ガンの分解に慣れていない人が、もし次世代電動ガンを分解するばあいには、一丁を壊してもいいぐらいの覚悟で臨んで下さい。東京マルイ次世代電動ガンAK47とは、2017年12月に発売された最新の次世代電動ガンです。モデルとなったのは、旧ソビエト連邦(現在のロシア共和国とその周辺国)で1949年に制式採用されたAK47という突撃銃です。AK47のAKとは、「アヴトマット・カラシニコフ」の略で、アヴトマットとはロシア語で突撃銃を意味し、英語だと「アサルトライフル」ドイツ語だと「ステユーム・ゲベール」と呼ばれている歩兵用の小火器だと理解してください。ミハエル・カラシニコフは幼少の頃より、故郷の近くの鉄道で運ばれる戦車を見て育ち、戦車や機械に対しての興味を掻き立てながら育ちました。地元の中学を卒業後、鉄道員となるも、兵役によって招集され西ウクライナで戦車兵になります。戦車兵となったカラシニコフが見たものは、サブマシンガンを装備したドイツ兵が、火力にものを言わせ、ソビエト軍を押しまくる姿でした。やがてブルヤンスク近くの戦闘で負傷したカラシニコフは、後方に送られ病院での生活がはじまります。東京マルイの次世代AK47の基本性能は、全く不満や不安を感じさせるところはありません。ただ、光学サイトの類を付けられないので、オープンサイトで狙って撃つスキルが重要になってきます。次世代AK47で、動き回る敵を狙ってみれば、動く的にオープンサイトで当てることがどんなに難しいかが、理解できると思います。それに気づけば、オープンサイトで動く的を狙うトレーニングに繋がるキッカケになるかもしれません。リコイルを楽しみたいのなら、ガスブローバックのアサルトライフルのほうが数段上のリコイルを感じさせてくれます。さらに、お金と手間を惜しまなければ、金属製の長物ブローバックのモデルガンが一番のリコイルを感じさせてくれます。この試作銃に使用する弾薬は、ドイツのMP43などの影響を受け、拳銃弾ではなく7.62ミリ×39弾という小銃の弾を短くしたものでした。ソビエト軍では、最初にこの弾薬を制定して、銃の開発は後を追う形で続けられていました。カラシニコフの提出した試作銃は改良を加えられ、1947年にトライアルに提出されます。トライアルの結果、十回ほどの設計変更が加えられ、1949年にソ連軍の制式採用アサルトライフルになります。これがアブトマット・カラシニコフ47、略してAK47と今日呼ばれているアサルトライフルなのです。豪快にBB弾をバラ撒くサバゲーも楽しいですが、残りの弾数を気にしながら緊張感を持って戦うリアルカウントのサバゲーも、楽しいものです。もし、サバゲーに少しマンネリ感を覚えた時は、余分なパーツなどを一切付けない次世代AK47でリアルカウント戦を体験されればいかがでしょうか。いい刺激になるはずです。1949年の生産開始から現在まで、ライセンス生産や無許可のコピー生産も含めると総数で1億丁が生産され、史上最も成功したアサルトライフルと言われています。設計したのはミカエル(ミハエル)・カラシニコフという人物で、開発当時は銃器技師ではなく、一介の戦車兵でした。一介の戦車兵に過ぎなかったミハエル・カラシニコフがなぜ全世界で1億丁も生産されるアサルトライフルを生み出すことになったのか?それはこれからご説明します。プライマーによって燃焼したガンパウダーの燃焼ガスはブレットを加速しながら、一部はガスポートに入りピストンを後退させ始めます金に糸目を付けなければ、パンツは5.11のカーゴパンツ、プレキャリはCONDOR製、サファリランドのホルスターにM9をぶち込むといった感じでしょうか。また、AKのマガジンにはバンダリアがよく似合います。カジュアルの装いにヴァンダリアでアクセントを付けるというのもいいかもしれません。東京マルイから次世代電動ガンとして「AK47」が発売されています。今までの次世代AKシリーズに無かったオートストップ機能を搭載して、リアルなリロードの手順を求めるユーザーに東京マルイは答えてくれました。その次世代AK47について、詳しくご案内をいたします。発射の瞬間、ボルトフェイスにも薬莢によって凄まじい圧力がかかりますが、ボルトのロッキングラグによってロックされているため、燃焼ガスの圧力が下がるまでロックされたままです。次世代電動ガンには、「シュート&リコイル」と称して、モーターによる擬似リコイルユニットが搭載されています。このリコイルユニットの搭載について「撃った感じがリアルだ♪」と喜ぶ声と、「こんな余分なものはいらない!」という声に別れています。東京マルイとしては、スタンダード電動ガンとの差別化を図る目玉として、リコイルユニットを搭載したのですが、このユニットを外すユーザーがいることも事実です。リコイルユニットを外す理由は、内部カスタムの際に不要になることと、リコイルユニットにバッテリーの電力を消費されるのを嫌がることにあります。いずれにしても、リコイルユニットを外すユーザーは、サバゲー歴の長いベテランゲーマーに多く見受けられます。ここでは、簡単なパーツ交換だけでカスタム気分を味わえる次世代AK47用のパーツ類をご紹介します。無加工で取付可能なので、ビギナーや始めたばかりの方でも、オリジナルカスタムの第一歩になります。ブレット発射後のバレル内は急激にガス圧が下がり、射手が安全なレベルまで達します。この時にピストン内の入ったガス圧も一緒に下りますが、ピストンは慣性で下がり続けます。弾丸を加速する燃焼ガスの一部がガスポートからピストンに入る瞬間今回の次世代AK47では、スタンダードで使用していた多弾数マガジンもアダプターを使うことによって流用できます。M870ガスショットガンでもそうでしたが、東京マルイは今まで自社製品を使ってくれていたユーザーに対しても置いてきぼりにすることはなく、過去のリソースを有効に活用できるように配慮をしてくれるやさしいメーカーです。東京マルイの次世代電動ガンの目玉である「リコイルシステム」について、いろいろなサイトの記事で「激しいリコイルが~」と書かれていますが、正直に言って、リコイルを期待して東京マルイの次世代電動ガンを購入すると、肩透かしを食らった気分になります。後退したボルトはエキストラクターで空ケースを排出後、次弾をマガジンからチェンバーに送り始める金属と言ってもダイキャスト(鋳物)ですので、必ずどこかに「す」がはいっています。何かの拍子に「す」に衝撃が加わるとそこからクラックが発生しますので、取扱はなるべく丁重になさることをおすすめします。