リフォームにおすすめ、造作洗面台。

どんな洗面台がお好み??

洗面室のリフォームについて

洗面室のリフォームでまず考えるのは”洗面台”でしょう。

洗面台とは言っても洗面器、水栓、鏡、照明、収納などいろんなものが付いて洗面台となるわけです。

そんな洗面室の顔、洗面台選びについて紹介します!

洗面室のリフォームは洗面台から。

 

 

洗面台選び

洗面台を選ぶ際は規格のユニットタイプにするか自分で洗面ボールを選んで洗面化粧台を自分好みに作るオリジナルタイプがあります。

またDIYで洗面室をおしゃれにする方も増えてきています。

しかしDIYでは水回りなので意外と大がかりになったり費用が高くなったりする場合もあり、水道トラブルを避けるためにを業者にお願いすることをおすすめします。

 

なのでここではユニットタイプとオリジナルタイプを紹介します。

 

洗面台ユニットタイプ

ユニットタイプにはサイズや価格もさまざまでメーカーによって大きくデザインが変わり個性のあるものもあります。

多くのユニットタイプの洗面台は扉の色が選べたり、洗面ボールの色が選べるタイプになっています。

 

こちらの本体価格が安いものは8万円~高いものは20万円以上のものまであります。さらに古いタイプのものを購入できるのであればさらにコストダウンの可能性も。

ユニットタイプのいいところは工期が短いということです!

 

規格のサイズがあるので自宅の洗面室のサイズに合うもので場所の移動や床・壁を既存のままという工事であれば1日では取替完了です。

 

 

オリジナルタイプ(造作洗面台)

ここで言うオリジナルタイプは造作洗面台のことです。

造作洗面台とは洗面ボールや台自体の素材、収納まですべてオリジナルで作る洗面台です。

 

なのでインテリアに合わせた自分好みの洗面台を作ることができます。

ただし、一つ一つ選べる半面膨大な商品から選ぶとなるとなかなか決まらなかったり迷う結果になります。

 

しっかり自分が思い描いている洗面室を絵にするなりそれに近い写真を探すなど、一番はプロに相談することをオススメします。

ご自分で選んで実際使ってみるとサイズが合っていなくて使いづらい洗面台になってしまわないようにもプロに相談を。

 

またこのタイプを業者にお願いするとユニットタイプより工事費が高くなることを必ず覚えておいてください。

大工さんや電気屋さん、左官屋さんなど職人さんに掛かる手間が増えるのでその分高くなるのです。

しかし自分好みの洗面室ができた時の喜びは工事費以上に大きいでしょう。

 

洗面台で失敗しないための【まとめ】

洗面台には主にユニットタイプとオリジナルタイプ(造作洗面台)があります。

ユニットタイプは規格、デザインが決められていて工期が短い

オリジナルタイプ(造作洗面台)は自分好みのオリジナル洗面台が作れるが工期や費用がかかる

自分のやりたい洗面室リフォームをしっかりと業者さんに伝え、それを形にできる業者さん選びもリフォームには大事な要素です。

 

また湿気の多い沖縄だからこそ、湿気を呼ばないリフォームも大事ですね。

 

 

 

  1. 耐震リフォームを考える上で大事なポイントのイメージ
  2. バスルーム、リフォーム
  3. 沖縄の街並み
  4. オール電化、リフォーム,IHキッチン
  5. 劣化の早い水回りだからこそ、お風呂場からリフォームを。
  6. リビング 照明設置イメージ

最近の記事

  1. コンクリート打ちっぱなし
  2. 塗装
  3. トイレ
  4. 洗面室
  5. ファブリックフロア
  6. k邸 施工例
  7. 洗面室、クロス貼り替え
  8. キッチン、リフォーム
  9. フローリング、床リフォーム
PAGE TOP