ペンダントライト、照明、リフォーム

沖縄でリフォームされる方、照明を交換したい方へのおすすめ情報!!

オーシャンズでの照明交換のおすすめ情報

オーシャンズでは、シンプルな照明~トレンドのお洒落な照明までさまざまなデザインを30以上豊富にご用意しております。

ご自宅に合ったものや気に入る照明がきっと見つかると思います(^^)

いま人気のお洒落な照明も、オーシャンズで多数交換やリフォーム依頼の方に定価からのoffもございます! なんと20%off!!!!

照明の販売だけでなく、もちろんご希望の方は取り付け工事も承っております。

種類豊富でお得なだけじゃなく、ショールームにある照明を実際に壁紙との相性や色味のチェックもできるので、ご自宅での取り付けイメージもしやすくなってます!

空間にあった照明とは? 選び方のポイント

照明って見た目でパッと好みのものを選びたいですよね!

でも、実際家に帰りつけてみると暗かったり、明るすぎたり、大きすぎたり、小さすぎたりの心配もあり、どう選んだらいいのか少し悩み…

  1. まずは、空間の広さをチェック
  2. 次に、明るいイメージがいいのか、暗い落ち着いた雰囲気がいいのか
  3. どの範囲に付けたいのか
  4. 照明器具のデザインは?
  5. 配線は大丈夫?

だいたいの方が自然としていたことかもしれませんね。

失敗しないためにも重要なポイントになりますよ♪

沖縄スタイルでいうと、二世帯住宅も多く、高齢者の方との同居も多いのでは!?

実は、ご高齢の方は比較的若い方と比べると明るい照明を好むというのでワンランク上の明るさを選ぶのもおすすめです!

 

明るさの調節もしやすくなってるのでシーンに合わせるのも良いですね。

空間の広さに合わせてみよう

明るさ「ルーメン(lm)」は空間に適した適応表があります。

何畳だと何ルーメンなのか、そうすると選びやすくなるんです。

お気に入りの照明があり、ルーメンが適応より低い数字だと、照明をいくつか並べて付けることになりますね。

ルーメンの適応がわかっていると、どれくらい必要なのかすぐわかりますよ♪

照明は明るすぎた場合も、明るさを調節することができ、暗くすることはできますよね。

逆に、暗いと明るくするのは照明を増やす方法になるので、注意です。

表示基準では、部屋の大きさに対して、何ルーメンの明るさが必要か定められています。

↓このようになってます。

適用畳数 標準定格光束(lm) 定格光束の範囲(lm)
~4.5畳 2700 2200~3200
~6畳 3200 2700~3700
~8畳 3800 3300~4300
~10畳 4400 3900~4900
~12畳 5000 4500~5500
~14畳 5600 5100~6100

イメージや雰囲気に合わせてチョイス!

 

照明、リフォーム

 

LED照明は明るさが特徴になりますが、実は昼白色も電球色もあるんです。

なので、明るい雰囲気も、オレンジ系の落ち着いた雰囲気もできますよ!

シーンに合わせて、リモコンやスマートフォンでの明るさの調節、色の調節もできるものも増えてます♪

調節のできるライトはとても評判GOOD!!子育て世代からお年寄りまで好評です♪

スイッチ3つなので誰でも簡単に調節!

ショールームでお試しも実際にできます。

どの範囲や場所に付けたいのか

リビング、キッチン、寝室、廊下、階段、屋外などさまざまな場所がありますね。

その場所によって照明の種類を変えたり、数を変えたりイメージしてみましょう。

照明の種類いくつあるの?

店頭でカタログを借りたり、ネット等でみると、あまりの多さに探すのが面倒になることも…

大きく種類分けすると、

  • シーリング → リビングや寝室
  • シャンデリア → リビングや階段
  • ペンダント → カウンターや寝室、リビング、ダイニング
  • ブラケット → 廊下や階段
  • スタンド → リビングや寝室
  • スポットライト → 棚や壁
  • ダウンライト → 廊下やリビング
  • 関節照明 → リビング
  • エクステリア → 屋外・エントランスや外壁など

種類別におすすめの場所を一緒に載せましたが、自由に照明を楽しむこともできるので、お好みの照明や空間があると相談するのが一番ですね♪

実際にショールームで見学や体験する事もイメージしやすくなりますし、配線のことや明るさの適応など一緒に選んでもらえるので安心♪

リモコンでの明るさ体験もできます。

株式会社オーシャンズまでお気軽にご相談くださいませ☆

  1. 劣化の早い水回りだからこそ、お風呂場からリフォームを。
  2. おしゃれな部屋のインテリア。
  3. マンション、リフォーム
  4. 中古物件購入の際に確認すべき設計図

最近の記事

PAGE TOP