手洗いボウル、リフォーム

沖縄の海を演出するようなガラス!水回りのリフォームにおすすめ!手洗いボウル!

〜沖縄県産品!琉球ガラスで海モチーフのトイレルームへ〜

水周りをリフォームするなら最近トレンドのカリフォルニアスタイルのインテリア!

沖縄伝統の琉球ガラスを取り入れ涼しげな印象をプラスしながら、あなたの家に特別なお洒落空間を作っちゃいましょう♪

ポッテリとした形、大小さまざまの気泡が混ざったガラスの素朴な味わいも大きな魅力なんですよ☆

光が差し込むとカウンターなどに映る、キラキラしたガラス模様が水まわりに幻想的な雰囲気を作り出します(^^)

素敵な水回りになりそうですね♪♪

http://image.rakuten.co.jp/apoa/cabinet/04272312/imgrc0064585340.jpg

そもそも琉球ガラスとは?

 

琉球ガラス

うちなーんちゅはご存知、沖縄の人にも愛される伝統の琉球ガラス!

色鮮やかで、とても綺麗なガラスは県外の方から海外の方まで大人気!

一つ一つが職人さんの手作りなんですよ〜  凄いですね♪

気泡や色のグラデーションの魅力は偶然から生まれるもので、「一点もの」として価値を高めているんです!

どんなデザインがあるの?

今回は先に、手洗いボウルをご紹介しましたが、他にもさまざまな琉球ガラスがありますよ!

照明や表札・お皿・グラスなどの食器やアクセサリー、壺、灰皿などもありますね。

種類もこんなにあるんですが、デザイン・カラーも豊富です。

手洗いボウルだけでも、サイズや色、形もさまざまなデザインがあるんです。

琉球ガラスの色彩・・・

琉球ガラスは、ビール瓶の茶色、コーラ瓶の薄緑色、セブンアップ瓶の緑色・・・、

アメリカ軍が持ち込んだ色つきの廃瓶をきっかけに、特徴の鮮やかな色彩を手に入れました。

現在はより繊細な色の表現のため、粉状の原料ガラスが主流になっているそうです。

オレンジ・茶・緑・水色・青・紫の6色を基本に、その他の色を調合により,濃淡を含めてさまざまな色ガラスを作っているそうです。

だんだん作り方も変わってきたんですね。上の6色が基本になっているとは驚きです(^^)

琉球ガラスの気泡・・・

かつては廃瓶の再利用により不純物が混ざることで生じていた気泡ですが、現在は、1300°の窯の中で水あめ状に溶けたガラスの素地に、炭酸水素ナトリウム(重曹)を加えて撹拌すると、無数の細かい気泡が現れる方法で行っているそうです。

気泡は時間が経つにつれて、サイダーの炭酸が抜けるように少しずつ薄くなっていくので、頃合を見計らって釜から取り出し整形します。

職人さんが調節をしてるんですね(^^)

原料ガラスを使う工房が増えた現在では、気泡は”素朴な味わい”を醸し出す技法の一つとして受け継がれているそうです☆

琉球ガラスは、ガラスボウル以外にも、食器なども人気があります!手作りできるものもあるのでグラスなど評判!!

琉球ガラスの事を知ると表札などのオーダー!お皿やグラスなど手作りしたくなりますね(^-^)

沖縄モダンスタイルへ!

シンプルモダンが好きな方、海スタイルが好きな方へインパクトある琉球ガラスはオススメです!

綺麗な色、デザインは一つ一つ手作りの味がでますね(^^)

リフォームで取り付けたいなとお考えの方、興味のある方、オーシャンズショールームにてご覧いただけます。

サイズやご自宅に取り付けできるか?などはお気軽にご相談くださいませ☆

 

 

  1. フック
  2. ファブリックフロア
  3. フック、ちょい足しアイテム
  4. ブラケットライト、リフォーム
  5. ドアレバー、リフォーム
  6. ドアノブ交換、リフォーム

最近の記事

PAGE TOP