外壁塗装を行う為に足場を組んでいる写真

リフォームで外壁劣化は後回し!?それとも先に行うべき!?

 結論から言うと外壁劣化は先に対応すべき!

沖縄で快適で安全な暮らしをするためには、建物の劣化に注意する必要があって脆くなっているところを発見したら早期に対応が必要です。

特に沖縄は厳しい自然環境があるため、経年劣化の進みも早いと考えておいたほうが無難です。

日差しの強さで紫外線の影響を受けたり、台風が近づくことも多いので風や雨、さらには海に近いところでは塩害も意識した対策を行わないと、建物の強度に影響してきてしまいます。

外壁塗装の塗り替え時期は約10年とされています。1年に1回など定期的な劣化確認が必要でしょう。

 

素人でもできる劣化の確認方法!

まず外壁の劣化状態を簡単に確認できる方法があります。

外壁を指で軽く埃を取るようになぞってみてください。

 

指に粉のようなものが付いたら劣化している証拠です。このような粉が付く現象をチョーキング現象といいます。

チョーキング現象は太陽光からの熱や雨風により劣化して起こる現象です。

 

チョーキング現象は劣化の第一症状と言えるほど、放っておくと本来の外壁塗装の遮熱や防水などの役割が果たせず、クラック(ひび割れ)が出てそこから雨水が下地まで侵入して、住宅内部の劣化に繋がってしまう可能性が大きくなります。

 

最近は様々な塗料が開発されています。選定はプロにお任せを!

沖縄でリフォームを自分で行わずに専門家に依頼すべきなのは、環境の厳しさに素人判断では対応できず建物の寿命を短くしてしまう可能性があるためで、環境に適した塗装を施さないとすぐに劣化が進んでしまいます。

劣化の早い外壁だからこそ先にメンテナンスや塗装を行うべき

様々な効果が期待できる塗料が開発されているので、周囲の環境や建物の状態に合わせて、適切に選択するプロの目が必要になります。

サビや風雨の劣化に対応するだけでなく、断熱や遮熱も行うことで、夏の暑さにも強い建物にすることができます。

 

室内の温度ができるだけ外気の影響を受けないように塗装を行うことで、エアコンの温度設定もそれほど下げずに済むので、電気料金もお得にすることができます。

 

まとめ

防水は外壁だけでなく、屋根や屋上などに対しても施工することができます。

屋根の材質にもよりますが、梅雨や台風の季節に雨漏りの心配が無くなります。

 

上記で上げましたが大事なポイントをもう一度おさらい。

外壁の劣化を放っておくと内部の劣化に繋がり、建物の寿命を短くする事に繋がる可能性も。

外壁塗料の塗り替え時期は約10年!年に1回は誰でもできるチョーキング現象チェックを!

外壁塗装はプロにお任せを!自分で行う場合は塗料の選定や塗り方はプロに相談するべし!

 

外壁の小さなひび割れでも、雨水が浸透して建物内の柱などに影響を与えてしまうことがありますし、地震や強風を受けたときにそのひび割れから大きく崩れてしまう場合もあります。

劣化が進んでいないかリフォームの業者に依頼して点検してもらうだけでも、築年数が経過している建物は定期的に受けたほうが安心です。

 

リフォームでは業者に建物を調べてもらった後、直すべきところを確認し自分たちの希望もしっかりと伝えることが大切で、メンテナンスなどの修理を機会に外観を変えるなどいろんなことができるので、じっくりと検討して後悔や失敗がないようにするべきです。

まずはリフォーム会社へしっかり相談することが大事! 塗装やメンテナンスの必要箇所を確認し、状況を把握しましょう!

株式会社オーシャンズでは外壁塗装も行っておりますので、一度プロへご相談してみませんか?

  1. 失敗しないリフォーム
  2. 二世帯住宅 リビング
  3. 二世帯住宅、リノベーション、リフォーム
  4. バルコニー、リフォーム
  5. 中古住宅の劣化、水漏れ
  6. 和式トイレ、洋式トイレ、リフォーム

最近の記事

  1. コンクリート打ちっぱなし
  2. 塗装
  3. トイレ
  4. 洗面室
  5. ファブリックフロア
  6. k邸 施工例
  7. 洗面室、クロス貼り替え
  8. キッチン、リフォーム
  9. フローリング、床リフォーム
PAGE TOP