沖縄での暮らし、老後第二の人生、憧れ写真

第二の人生はどこで暮らしたいですか?沖縄移住について!

沖縄移住で失敗しないプランニング

リタイア後の第二の人生は、都会の喧騒を離れた気候が良くて物価が安い所に移住して暮らしたいと夢を描いている人は少なくはないはずです。

そんな人々の間では、沖縄は年間を通して暖かく物価も安いので、まさに理想的な移住地と言えそうです。
しかし今後の生活設定をするには、事前の入念なプランニングが必要です。

 

沖縄の転入出者数は、総務省統計局の平成27年(2015年)結果によると転入者は約2万6千人いますが、転出者も約2万6千人いるそうです。

 

転入出者にはさまざまな理由がありますが、移住失敗で本土に帰る人も少なからずいます。

そうならないためにもしっかりとプランを考え快適な生活を送りましょう。

沖縄での暮らし、老後第二の人生、憧れ写真

沖縄での住まいのリフォーム・リノベーションについて

住居については賃貸という方法もありますが、定年後は現在住んでいる自宅を処分するなど経済的に余裕がある人には、中古住宅を購入してリフォームやリノベーションするという方法もあります。

長い間働いて、ようやく手に入れた第二の人生ですから住む家はとても重要です。

 

中古住宅ならば費用も抑えられます。

現状回復して新築に近い状態までに治すことをリフォームと言います。

また、既存の住宅に新しい価値をプラスするのがリノベーションです。

 

リフォームで贅沢はしないが生活に不便のない沖縄での生活もするのもよし、リノベーションで既存の住宅をガラッと変え、間取りから自分色に変えるのもよし。

どちらにしても、自分の意見を取り入れてもらうことで、自分の好みに生まれ変わった快適な家に住むことも夢ではありません

 

リフォーム・リノベーションは業者との二人三脚

まず、リフォーム会社は自分の希望物件の住宅診断を請け負ってくれます。

中古物件ならではの見た目だけではわからない劣化なども診断してもらえるので安心です。

 

また、リフォーム・リノベに関するさまざまな相談にも乗ってくれるので、予算を含めたこちらの希望をしっかりと事前に伝えておきましょう。

リフォーム・リノベを検討しているのであれば、様々な建材を展示しているショールームに足を運ぶことも重要です。

 

ショールームでは壁紙、床材フローリングなどのリフォーム建材を実際に手にとって確認することができます。

また、ショールームにはたくさんのカタログも置いてあるので参考になります。
こうして実際に自分の目で建材を確かめることができたなら、リフォーム会社の担当者のアドバイスを受けながら、予算内でベストだと納得できるリフォーム・リノベのプランニングが実現可能という訳です。

 

後はドアノブや照明などのインテリアも好みのものを選ぶとより自分好みの家に近づくでしょう。
このようにリフォーム会社と一緒にプランニングしていけば、中古の物件も見違えるように素晴らしい住宅に変わります。

内装も今後の生活を頭に入れた配置になっているので、老後も不自由はしないはずです。

株式会社オーシャンズでは、相談から住宅診断、壁紙や床材、照明などの建材を実際に見たり触ることができます。

カタログ、水まわり、インテリア雑誌、設計までございますので、お気軽にご相談くださいませ☆

第二の人生を始めるにふさわしい我が家となることでしょう。

  1. おしゃれな部屋のインテリア。
  2. 塗装
  3. リフォーム
  4. 沖縄の街並み
  5. 沖縄の住宅の特徴、コンクリート住宅

最近の記事

PAGE TOP