和式トイレ、洋式トイレ、リフォーム

和式トイレから洋式トイレへのリフォームの概算費用はどれくらい?

和式トイレ~洋式トイレへ

“トイレのリフォームの中でも和式から洋式へのリフォームはその工事を大々的に行わなければいけないため費用も非常に高額になると考えている人も多いものです。

実際、様々な部分の変更が必要になるので、単純に便器を取り換えるだけということでは済まないため、その費用は高額になることも少なくありません。

 

洋式トイレへのリフォームで必要なこと

和式から洋式へのリフォームを行う際にまず行わなければいけないのが、床部分のリフォームです

和式の便器の取付穴と様式の取付穴は全くその構造が異なるので、床を一度全て取り外し、

新たに洋式の便器を取り付けるための床を施工して取り付けることになります。
また、水洗の水道の配管も影響を受けることが多いものです。

和式の水洗のタンクは基本的に和式用のものとなっており、洋式に変更する際には専用のタンクに交換することになります。

工事上の都合で現在のタンクを利用するケースも有りますがこの場合には配管が複雑になってしまい詰まってしまう可能性が高くなることが多いほか、

配管の費用が高額になるので避けた方が良いものです。

又、リフォームの際には便器とセットのタンクを利用した方が費用としても安くなることが多いのです。

リフォーム会社へ相談してみよう!!

気になる概算費用は?

最低限必要な内容は”床と配管、便器とタンク”ですが、これだけを行った場合には概ね20万円程度は掛かるのが相場と言われています。

これはトイレの個室をリフォームするのと同じような作業となるため、特に床部分の基礎工事を行うのに大工作業が必要で、その費用が掛かってしまう為です。
但し、トイレのリフォームに於いては、せっかくなので壁や天井もリフォームしたい方も多いです。

又、洋式の便器も利用しやすい物を使用したいとなると、その費用がどんどん高くなっていくことになります。

その為、トイレのリフォームの費用は最低でも20万円程度かかるもので、さらに様々な要素を付け加えていくと費用が高くなっていくと考えておくのが一般的です。
但し最近では多くのメーカーが工務店と共同でリフォームパックを発売しています。

これは有るメーカーの特定の便器を購入する際に、リフォーム費用とセットで依頼することでその費用が安くなるというものです。

オーシャンズでも、販売しておりますが、リフォームセットでお安くなるプランもございます♪(ご相談くださいませ)

この場合リフォーム費用の基本の20万円を下回ることはありませんが、壁や天井の壁紙の張り替えがセットになっていたり

便器自体の価格が半額になったりすることがあるので、是非効果的に利用したいものです。

 

おわりに

トイレリフォームは比較的費用が掛かってしまうものですが、リフォームパックを利用することで得をすることも多いので、機会があればぜひ利用することをおすすめします。

 

まずは、どのようにリフォームしたいのか、リフォーム費用の20万を基本に考え

理想の仕上がりになるよう予算やイメージをご相談されるのをオススメします!

 

  1. 二世帯住宅 リビング
  2. 中古住宅
  3. 中古マンションイメージ
  4. 塗装、リフォーム
  5. トイレリフォーム

最近の記事

PAGE TOP