オール電化、リフォーム,IHキッチン

オール電化リフォームのメリット・デメリット!オール電化住宅ってなに?

オール電化住宅とは

オール電化住宅は、調理・空調・電気・給湯などの熱源を全て電気で賄っている住宅のことをいいます

“電気料金が確実に上がってきているので、オール電化に切り替えようと検討している方は少なくないです。

そこで、メリット・デメリットを把握して、自分たちに適しているのかを見極めてみてください。

 

 

オール電化のメリット・デメリットは?

メリットから見ていきます!

まず、ガス代がかからない点が挙げられます。全て電気で賄うのでガス代は当然かかりません。

お風呂の際にかなりのガスがかかっているので、ガス代がかからないのは光熱費全体で考えてもかなりお得だと言うことができます。

さらにガスを使わないので火災のリスクが少なくなるメリットもあります。

オール電化ではIHクッキングヒーターを利用するため、炎が出ないので安心して調理ができます。
また、震災時にも良いと評価できます。

電気はライフラインの中で一番早く復旧するので、大震災が発生しても短期間で普通に生活できるようになります。

ガスは結構な時間を費やしてしまうケースが多いので、震災対策としても良い選択になっています。

エコキュートには貯水タンクがあるので、それを非常時に生活用水として使うことができます。

飲むことはできませんが、トイレやお風呂などで使えるのは大きいです。
一方でデメリットもあるのでしっかり認識しておきましょう!

まず、昼間の電気代が高くなってしまうことです。

オール電化は深夜の料金を低く設定している代わりに、昼間の料金を高く設定しています。

昼間に家にいることが多い場合には電気代が高くなってしまう可能性があるので気をつけてください。

したがって、日中は仕事をしていて、夜に電気を多く使う方にピッタリです。

また、リフォーム代が結構かかってしまう点も認識しておく必要があります。

 

オール電化へするには幾らかかるの?

相場は60万円~100万円となっています。これに太陽光発電をプラスすると数百万円の費用がかかってしまいます。

IHクッキングヒーターが20万円~40万円で、エコキュートが40万円~60万円となっています。

この他のデメリットとして、停電になると何も使えなくなってしまう、敷地内に貯湯タンクを設置するためのスペースの確保が必要、

IHクッキングヒーター用に新しく調理器具を買い揃えなければいけない点などがあります。

 

おわりに

オール電化リフォームのイメージはできましたか?

高額な印象もありますが、その後の生活では電気代が安くなるという魅力もありますね。

オール電化はメリットばかりが注目されています。デメリットを理解した上で導入することを決めなければいけません。

さらに料金プランもいくつか選択肢があるので、自分たちの生活スタイルに適したプランを選ぶことも非常に重要です。

施工会社との相談や、まわりに実際にオール電化にしたという人がいれば施工例として実際に見せてもらえると嬉しいですね♪

  1. 住宅ローン イメージ画像
  2. 内装・内壁のリフォーム作業
  3. 二世帯住宅、リフォーム、リノベーション
  4. リビング 照明設置イメージ
  5. 中古物件購入の際に確認すべき設計図
  6. 塗装、リフォーム

最近の記事

PAGE TOP