マンション、リフォーム

マンションリフォームの基礎知識

中古マンションをリフォームしたいとお考えの方へ

 

最近評判の高い中古マンション!

新築マイホームよりも増えてきているのが、自分好みのマイホームが安く手に入る中古リフォームの仕組み!!

中古物件の中でも、マンションが人気の理由やメリット・デメリットをご紹介していきます♪

 

 

メリット

以前は建物が古くなると建て替えるのが一般的でしたが、

最近は工事をして内装を綺麗にして利用することが増えています。
そのような工事が向いているのがマンションで、この物件は耐久性が高いためリフォーム工事がしやすい特徴があります。
このタイプの不動産はコンクリートでできているため長期利用が可能で、内装工事をしっかりすれば新品のようにできます。

なので、中古マンションが人気なのです(^^)

 

 デメリット部分

ただこの物件は複数の人と共通で建物を利用している影響で、どの部分でも工事ができるようにはなっていません。
その違いについて理解をしておかないと効果的な対応ができないので、色々なことを知っておく必要があります。
このタイプの建物で工事ができないのは他の人と共有している部分で、そのような所は工事をする権利を持っていません。
他の人と共有しているところとしては壁があり、この部分は大きく改装をするのが難しくなっています。
建物の住民との話し合いで認められた場合はできることもありますが、そのような手続きをしない限りは工事はできません。
他の工事ができないところとしてあるのはドアや窓で、この部分は建物全体で統一されているので勝手に変えることはできなくなっています。
ドアは建物の鍵の管理をする時に重要になりますし、窓も外観の問題があるので自分の都合で交換することはできません。

 

案外見落としやすいところとしてはベランダが存在していて、この部分も共用の場所なので工事をする時は制限があります。
ただベランダは他の部分に比べるとある程度は自由度がありますから、事前に相談をしておけば工事ができることも多いです。

 

ポイントは・・・

マンションのリフォームではこのような工事ができるところと、そうでないところの違いを知っておくことが重要!
そして工事ができないところについては建物で住んでいる、住民の了承を得られれば工事をすることは可能です。
そのため何らかの事情があってどうしても工事をしたい場合は、住んでいる住民とよく話し合っておくことが大事!
またこのような工事をする場合は周囲に騒音が発生するので、そのようなことについてもい事前に考えておくことになります。
工事の音はかなり大きくなりやすく特に大規模なものだと、長期間大きな騒音が発生するので周囲の負担が大きいです。
そういう特徴がありますからこのような工事をする場合は、周囲の住民とよく話し合ってから行うことが大事です。
そのような対応をしておけば工事をする時もトラブルが起こりづらくなり、安心して問題の解決をすることができます。

しっかり事前にチェックやポイントをおさえておくことで、中古マンションのリフォームは、新築よりも安く憧れのマイホームが出来上がりますね(^^)

 

おわりに

マンションリフォームのメリットたくさんありますね!!

でも、デメリットもいくつかありましたね。

中古マンション購入後のリフォームでは、いくつか不安な点もあるかとおもいます。

例えば費用だけでなく、他住民との相談や、自分の部屋はどのくらい間取りの変更が可能なのか等ありますよね。

株式会社オーシャンズでは、マンションリフォームも施工例があり、ご相談や悩み解決のお手伝いができると思います!!

購入前でも、購入後でもご相談することで安心してできるリフォームにしませんか?(^-^)

  1. マンション イメージ画像
  2. 浴室、リフォーム
  3. リフォーム、プランニング
  4. 耐震リフォームを考える上で大事なポイントのイメージ
  5. 内装・内壁のリフォーム作業
  6. 中古住宅の劣化、水漏れ

最近の記事

  1. 屋根
  2. カーテン
  3. カーテン、インテリア
  4. カーテン
  5. コンクリート打ちっぱなし
  6. 塗装
  7. トイレ
  8. 洗面室
  9. ファブリックフロア
  10. k邸 施工例
PAGE TOP