マンション、リフォーム

リフォームするとマンション売却って有利になる?

マンション売却をお考えの方へ

長く住んできたマンションは、どれだけ大事に使用してきたとしてもフローリングやクロスなどの経年劣化による汚れや傷みは避けられませんよね。
そのため、マンション売却を考えた時、そのまま売却に出すのとリフォームをするのではどちらが有利になるのかと悩んでしまう方もいるはずです。

ここで考えなければいけないのが費用面です。

 

今回ご紹介するのは、リフォーム後に売却するか、リフォーム無しに売却するかの売主はどのようにしたら有利かというお話です。

 

リフォーム後売却する場合

マンション売却前にリフォームをすることが有利に働くというのは、あながち嘘ではありません。
特に購入希望者が購入したマンションにすぐに住みたいと考えている場合、フローリングやクロスが綺麗な状態だというのはいい印象を与えることになるでしょう。
しかし、その一方で中古マンションの購入希望者は、ある程度の経年劣化は仕方がないものと考えていることも多く、

新築よりもできるだけ安価に購入したいという思いの方が強いこともあります。

もしも、フローリングやクロスの張替えなどにかかる費用が高額となってしまうと、

当然、マンションの売却費用にその分を上乗せして売り出さなければ損をしてしまいますので、

場合によっては相場よりも高くなってしまう可能性があります。
そうなると、売却を有利になるどころか逆効果となってしまうことになるのです。
こうしたことを避けるためにもリフォームをするかしないかは慎重に考えなければいけません。

 

 

リフォーム無しでのマンション売却

またマンションを安価で購入して、あとから自分たちの好みで気になる部分に手を加えていきたいと考えている方もいるでしょう。
このようなことから考えれば、マンション売却においてリフォームをしているか、否かはそれほど大きな影響を与えるものではないといえ、必ずしも売却前に行う必要もないといえるのです。
ただし、見た目の面ではなく設備面などが使用を躊躇うレベルまで劣化しているような場合は、住居として適したレベルにまで引き上げておく必要がありますので修理などをしておかなければいけません。

 

結局マンション売却はリフォーム後?リフォーム無し?

大切なことは売却予定のマンションの購入希望者にどういった層が多いのかを把握することです。
ただ購入希望者の層を素人が把握するのは難しいため、仲介に入る不動産会社の担当者と密に話し合うことが重要となります。
マンション売却の知識を備えた担当者であれば、周辺環境やマンションの立地など様々な視点から考え、どのような世代が購入対象となるのかなどを予測することができるはずです。
その予測に基づいて、リフォームの必要があるのかどうかを決めることが、マンション売却を有利に進めるためには大切なのです。

売主も購入者もお得!納得という状況が一番うれしいですね!そんな物件になるように、しっかり相談するのは重要です(^^)

  1. 中古住宅
  2. 和式トイレ、洋式トイレ、リフォーム
  3. 間取り、リフォーム、リノベーション
  4. リフォーム・戸建
  5. 外壁塗装を行う為に足場を組んでいる写真
  6. リフォーム済み物件住宅

最近の記事

  1. 屋根
  2. カーテン
  3. カーテン、インテリア
  4. カーテン
  5. コンクリート打ちっぱなし
  6. 塗装
  7. トイレ
  8. 洗面室
  9. ファブリックフロア
  10. k邸 施工例
PAGE TOP