失敗しないリフォーム

失敗しないリフォームのコツ(沖縄での暮らし)

 

リフォームをする際の注意点は何?

長い年月にわたり沖縄で家を使っていますと、住まいの様々な個所が傷んできます。

そして生活のスタイルが変わり、家の使い勝手が悪くなり、不自由することがあります。

こういう時には業者に依頼してリフォームをすることがあります。

その際に失敗しないためのコツがありますのでいくつかあげていきます!

➀そのひとつは見積もりをしっかりとることです。

②次に、依頼を決めた場合でも、家のどこについてどんな工事をして、どのような仕上がりになるのか、よく理解しておくことです。

この打ち合わせをいい加減に済ませて業者に向かって「お任せしますから、よいようにしてください」などというのはよくありません。

これでは出来上がってから、不満を招く原因となりがちです。

理解不足でやり直す結果になったり、追加になったりしがちです。契約にないのですから、追加料金を取られることになりかねません。

最初にしっかりとリフォーム会社へ相談、仕上がりの理解をすることが重要になります!!

 

失敗しない為に何が大切?(あなたとリフォーム会社とのやり取り)

貴方がどうしてほしいのか、どのような仕上がりを求めているのかを正確に、面倒がらずにその都度リフォーム会社の担当にしっかり伝えます。

お互いに伝達が十分でなさそうだと感じたときは、必ずもう一度確認を取るとが良いですね。

そうでないとこんなはずではなかったということになりかねません。

しっかり相談や要望を伝えることはとても大事なので、面倒だとしてもしっかり行いましょう!!

 

失敗しない為に必要なことは?

それから外見ばかりを体裁よくするのがリフォームではありません。

場合によっては家の骨組にあたる柱の一部や基礎、梁などの補修や修理が必要な場合もあります。

屋内の電気配線もやり変える必要も出てくる場合があります。

あまりに安くあげようとすると、これらを十分に手当できておらずに、すぐに再度リフォームが必要というようなことにもなりかねません。

➀家の見えない部分にも注意をはらい、その部分にも補修の手を入れることを忘れずにいてください。

②中古住宅を購入しリフォームする場合などに忘れがちですが、まだ必要ないからといって、バリアフリーにすることを怠ってしまうと、年をとって必要になった時に困ります。

年金暮らしで、ぎりぎりの生活をしているので、リフォームがままならないということになってしまうかもしれません。

年を取ってからの生活を考え、使い勝手のいいようにバリアフリーにしておくことは大切なことです。

公的な資金援助制度も利用できれば低額で導入できますから、おおいに利用したいものです。

補助金などの制度も確認してみましょう!

 

③また沖縄の場合には湿度が高いので、家のなかの湿度が高くなりがちな風通しの悪いリフォームはすべきではありません。

おそらくそういった家は長持ちしないでしょうし、住みにくい家になることが容易に予想されます。

以上のような点をよく考慮に入れて、ぜひリフォームを成功させてください。

 

おわりに

リフォームでは、大きな金額がかかります。しっかり相談や要望を伝えるのを怠らないようにしましょう。

次に、外見だけ重視するのではなく、基礎や補修、使い勝手も大事です。

最後に、環境に合った工事をして、より住みやすく気に入るリフォームが成功できますように。

  1. 床材サンプル展示写真
  2. リフォーム、プランニング
  3. リフォーム
  4. フローリング、リフォーム
  5. 劣化の早い水回りだからこそ、お風呂場からリフォームを。
  6. 間取り、リフォーム、リノベーション

最近の記事

PAGE TOP