リフォーム、プランニング

住宅リフォームする上で大事なプランニングについて

リフォームのプランニング

最近多く見られるのが、中古住宅を購入して自分好みにリフォームするパターンが非常に多く見られます。
その場合、どこまで行うかという自分の予算とかみ合うプランニングが大切になります。

例えば、住宅設備はまだまだ使える、きれいにクリーニングすればよい、建物の外観もあと十年くらいは大丈夫じゃないか、

今回はこの予算でできる内装工事のみを重視したリフォームのプランニングを行うとした事です。

そして、10年後には外壁周りのリフォームを行い、その先5年後には住宅設備を変えようとした住まいの工程をプランニングするのも大切です。

リフォーム会社と一緒に計画するのもいいですね!

オーシャンズでは、不動産の取り扱いからリフォームまでできるので、よくご相談があります。

 

ライフスタイルの変化に伴うリフォーム

今まで子育て中心であった居住空間が子供の成長によって無駄な空間が生まれるようになったりします。

その場合、参考になるのが住宅雑誌やインテリア雑誌のいろんな居住空間を見ることが大切です。

いろんな空間の使い方を雑誌を見て自分の場合と照らし合わせ、自分の物件規模とにも照らし合わせイメージ造りを行う事が大切です。

また、ハウスメーカーの住宅展示場を見学させてもらうのも大変参考になります。

物件規模は異なるものの、居住空間の提案はハウスメーカーの練りに練った提案を行っているわけですから、

気に入った考え方がありましたら、それを参考にするのが良いです。

また、住宅メーカーの展示場は今流行りのインテリア構成を見ることができますので仕上げ材などを決める際の参考になります。

 

オーシャンズでは、ショールーム体験と体感、たくさんのインテリア雑誌や雑貨をそろえていますので、

ご相談や見学など、お気軽にお越しくださいませ。

 

 

イメージや計画を立てた後は?

そして、いろんなイメージ作りを行った後は、業者に伝える手段として自分が気に入った部分の切り抜き写真や簡単なスケッチ、カタログなどをその担当者に渡すと、相手に伝わりやすいです。

 

自分が気に入った部分を言葉だけでは説明しきれませんが、プロが見ますと何を求めているのかが、それを見ることによって同じイメージを共有することができます。
最後に大事な事は自分のイメージ造りをまず自ら行い、そのイメージを共有できかつ予算も納得できるリフォームができることです。

そのために、最初にリフォーム計画を立てることは大事なので、イメージとプランニングをまとめてご相談されるのをオススメします。

そうすることで、アドバイスや工事の計画を立てやすくなります。

何から考えたらいいのかわからない。ココをどうにかしたいけど~どんな方法が良いのかわからないなど、不明点などありますよね!

オーシャンズへお気軽にご相談くださいませ。

  1. リフォーム、ショールーム
  2. トイレリフォーム
  3. 中古住宅
  4. 浴室、リフォーム
  5. 照明、リフォーム、ちょいたしアイテム

最近の記事

PAGE TOP