床リフォーム

築20年超えの床リフォーム

 

床材リフォーム

築年数20年超えのT邸

今回は既存のコルク床の上からビニル床タイルを増し張りすることになりました。

増し張りとは、今ある床の上から新しい床材を重ねて貼っていく施工です。

 

ご希望

新築当初からのコルク地の床は経年による劣化もあるが、愛犬による遊ぶ傷が目立ってきたため、リビング床リフォーム希望。

相談内容は、T邸にあった施工方法や床材を提案してほしいとのことでした。

 

ご相談から施工までの流れ

事前相談の段階で施工方法が決まり、傷や水に強いタイプの種類豊富なタイルの中からいくつか気に入ったものを選んでいただきました。

次に現場調査の際に、実際に家の雰囲気にあうタイルの色合わせをして選んでいただきました。

約30㎡の広さで、施工期間は3日間。

 

課題と対処方法

課題:増し張りするにあたり3mmほどの厚みのあるビニル床タイルの分、框やや廻り縁に盛り上がりができてしまう。

対処方法:ふち部分などの若干段差が出る部分などは、部分的にコルク床を削り傾斜をつくることによって盛り上がりを解消しました。仕上がりはフラットでなめらかです。

 

 

ふちを削る前

床リフォーム

 

 

削った後

 

床材の特徴は、1枚1枚に村のある濃い木目調のタイルを乱尺張りすることによって自然な色合いのフローリングに仕上がりました。

乱尺張りとは・・・ こちら

 

 

 

 

 

床リフォーム
床リフォーム
床リフォーム
床リフォーム
床リフォーム
床リフォーム

  1. I邸アフター写真
  2. 沖縄,リフォーム,マンション,中古,施工事例.,After
  3. トイレリフォーム
  4. トイレリフォーム
  5. k邸 施工例

最近の記事

PAGE TOP