リフォーム、中古物件

中古物件で失敗しないために購入で不安がある方へ!

中古物件のメリットはなに!?

中古物件の購入メリットや注意点についてお話ししていきます!

一戸建て住宅に住むことを希望している方の中には、新築住宅を購入する資金を持っていない方も存在しています。

資金計画上として無理なローンを組んでしまった場合では、後に返済に困ってしまうことになるので、他の方法を選択することが良い方法です。

幸い、現在では中古住宅であっても数多くの一戸建て住宅が販売されている状態です。

魅力的な建物も数多くあり、築年数でみつける方法や販売価格でみつける方法、建物の建てられているエリアでみつける方法などがあり、様々な個人的な要望を持っていても十分に対応可能な住宅が販売されています。

中古住宅の購入に関しては、非常に低価格にて購入することができるので、大きなメリットを感じることができるのですが、一方では購入後に失敗に感じてしまう方が存在していることも事実になるので、失敗しないための注意事項を何点か把握しておくことがおすすめです。

 

 

中古物件で注意すること!

例えばリフォーム済みとして販売されている中古住宅も存在しているのですが、その多くがサイディングを張り替え、または塗り替えを行っていたり、内装部分に関しては、フローリングを張り替えしていたり、クロスの張り替えを済ませている住宅が多い傾向にあります。

このような状況であれば、見た目上としては非常に綺麗な建物として判断される方が多いのですが、中古住宅の場合では、他にもしっかりとした住宅診断を実施してみることが必要です。

購入前に、住宅診断をプロへ依頼することをおすすめします!(特に築年数が古いもの、空き家状態が長いもの、海近など)

住宅診断の相場は・・・10万~15万円!(高いと思う方もいらっしゃいますが、安心できる住宅か判断できるので中古住宅検討中の方へ評判です)

もう一つ、ホームインスペクションという、家の健康診断のようなタイプだと相場は・・・5万~7万円にになります。

 

住宅の状態を知る!

外壁や屋根に関しては一見すると綺麗に見えた場合でも、ひび割れなどが出来てしまっている物件もあります。

このような物件の場合では雨漏りの被害が起きてしまう場合も高まるので注意しなければならない内容です。

室内側に関しても、フローリングやクロスは綺麗に施工されていても、土台や基礎、壁の内部に腐食などを起こしている状態では、非常に高額なリフォーム費用がかかってしまう場合があります。

水周りの設備としてバスルームやキッチン、トイレや洗面台なども細かく住宅診断することも最低限必要な行動として挙げることができ、

傷み具合を事前に把握する方法で、後のリフォームを行う計画を立てやすいものにすることができます。

 

 

おわりに

中古住宅を購入する場面では、見た目の状態だけで判断するのではなく、隠れている部分にまで細かく注意しながら点検する方法で後に発生してしまうトラブルを無くすことができます。

そのため、プロへの住宅診断はとても必要なことなのです!!

クローゼット内などもカビが発生している可能性もあるので、必ず全ての場所を確認した上で購入を決める方法で、失敗しない買い物を行うことができます。

中古物件を手に入れて、自分好みの素敵なお家へリフォーム出来るといいですね♪

 

住宅診断や中古物件のリフォームのことなら、株式会社オーシャンズまでご相談くださいませ☆

お客様に合った物件かどうか、リフォーム後も安心できるかなどプロが対応させていただきます。

  1. バスルーム、リフォーム
  2. リフォームする上での見積書確認
  3. リfホーム工事完了後
  4. 建築基準法についての疑問
  5. リフォーム・戸建

最近の記事

PAGE TOP