塗装

外壁リフォーム塗装について!特に沖縄では重要!!

 特に沖縄では注意しておくこと!

家が古くなってきますと、材質や形状に違いはありますが、どのような外壁の場合でも程度の差はありますが、劣化することになります。

例えばポイントとしては、外壁を指で触れて粉っぽいものがついてくるようならば、劣化が進んでいます。

 

特に沖縄の場合、緯度が低く、年間平均の日光は高い空から射してきます。

しかも台風がよく上陸したり、そばを通ったりします。

その風雨にたえず家の外壁はさらされて傷みやすいです。

加えて周囲を海に囲まれています。

したがって塩害を受けやすい地域なのです!!

こうした日光の熱による収縮を繰り返し、紫外線があたり、強い風雨にさらされ、海の塩害の影響も受けやすい地域です。

こうした点を考慮すると、沖縄は外壁が通常よりも早く傷んでくることが十分考えられます。

 

どうしたらいいの?塗装のタイミングは?

細かいひび割れなどはなかなか見つけることはできないかもしれません。そこでこうした点検は業者を呼んで行います。
こうした傷みがすすんでいるかどうかは、専門のリフォーム会社に外壁の診断を行ってもらい、リフォームの見積もりを依頼することから始めます。

多くの業者はこの見積もりは無料で行ってくれます。

相場がわからず心配なときには、近所で外壁のリフォームを行った知り合いにたずねるか、2,3の業者に相見積もりをお願いするといいでしょう。

外壁はとことん傷んでしまう前に養生して、外壁塗装のリフォームを行うことで、その外壁ならびに家の寿命を延ばすことが可能です。

この外壁の塗装を丁寧に行うことで、家の内部への浸水を防いで、湿度上昇による壁の内部の傷みを抑えます。

柱や内壁の劣化も防ぐことができます。

タイミングは、塗装の痛みぐわいに気づいたときはもちろん、一般的に新築から10年おきには塗装リフォームタイミングになります!

どうしても必要なの?

これは自然環境が厳しい沖縄の家においてはとても重要なことです。

この作業によって住み慣れた家の寿命を延ばすことができるわけですから、なによりですし、何もせず壁からの雨漏りや浸水、傷みが生じてからではより多くの費用がかかってしまいます。

そして外壁をリフォームをすることの利点は、家の外観を格段に良くすることができる点です。

ほとんどの場合、気に入った色を選ぶことができます。

塗装の色は無限というほど色の混合でオリジナルなど素敵な色をつくれます!!

 

塗装リフォームの流れ!!

工事は家の周囲に足場を組み、外壁を洗浄することからはじめます。

ひび割れなどの傷みはこの段階で修理を行います。

塗る際には周囲に配慮して、ビニールやテープなどで十分養生をしてから始めます。

塗装が終わると足場を解体し、点検を行って引き渡しとなります。

お客様は、家に住みながら工事が進みますので、事前打ち合わせで気になることがありましたら施工前に確認を!!

リフォームによって見違えるようになった我が家に接することで気持ちも晴れやかになり、家の傷みの進行に対する不安感もなく安心できるでしょう。

  1. おしゃれな部屋のインテリア。
  2. 沖縄の住宅の特徴、コンクリート住宅
  3. リフォーム
  4. 沖縄での暮らし、老後第二の人生、憧れ写真
  5. 沖縄の街並み

最近の記事

  1. 屋根
  2. カーテン
  3. カーテン、インテリア
  4. カーテン
  5. コンクリート打ちっぱなし
  6. 塗装
  7. トイレ
  8. 洗面室
  9. ファブリックフロア
  10. k邸 施工例
PAGE TOP