建物のリフォームなら保護効果を高める塗装の施工を!

リフォームを検討する第一歩

 

沖縄で暮らしていると、紫外線の影響なのか、外壁が色あせてきたのではないかと感じるときがあります。

その外壁の変化に気付いた時、リフォームをしよう!と決断するキッカケになります。

それがリフォームを検討する第一歩です。

外壁の色合いは、季節や日照条件で差がありますので、必ずしも外壁の劣化とは限りません。

劣化ではないものの、遜色や変化は自然現象とみても良いでしょう。

リフォームの相談を工務店にしてみて、正確に判断してもらうのも良い方法です。注目したいのは、見た目だけではなく、実際に触れたみたときの印象です。

外壁を手でこすってみた時に、チョークのような白い粉が付いたりする場合は、

チョーキング現象や白亜化といった劣化症状が出ています。

→ 紫外線や水の影響で、塗料の色彩を形づくる顔料そのものが劣化して粉状になっている現象です。

こういった現象が発生したら、塗膜の劣化が原因ということになります。

外壁塗装の色が茶色やグレーであっても、指先に付着するのが白い粉の場合は、外壁塗装の塗膜そのものが劣化してしまい、粉末状になってしまうからです。

リフォームのタイミング

 

そのひとつが、指先で触れた時の現象の有無です。

白い粉が指先に付くのは、まだ劣化の程度は低いのですが、さらに劣化が進んでしまうと、指先で外壁に触れたとたんに白い粉が飛散してしまいます。

外壁塗装の塗膜が、いつでも粉末状に飛散してしまえる状況になっている証拠です。リフォームならではの塗装を検討するタイミングと判断して良いでしょう。

外壁塗装は、必ずしも前回と同じ塗装で仕上げる必要は、ありません。

古い塗膜は完全に除去してから、すべて新しい塗料で塗装するからです。

建物を生まれ変わらせるタイミングと言っても良いでしょう。

 

 

塗料の選び方

 

古い塗膜の劣化が、やや極端な場合は、紫外線に強いタイプの塗料を選ぶと良いでしょう。

紫外線に強い塗料でないと、直射日光が当たる時間が長い場所は、塗膜が粉末化しやすくなりますし、触ったときの塗膜の厚みにムラや段差が発生しているのを実感してしまいます。

経年劣化しない外壁塗装はありませんが、劣化しやすい原因が紫外線だと判明すれば、紫外線対策を強化することができます。

塗装の紫外線強化は、建物の保護効果を高めてくれます。

  1. 外壁塗装、リフォーム
  2. 二世帯住宅 リビング
  3. 沖縄の街並み
  4. 外壁塗装を行う為に足場を組んでいる写真
  5. 照明、リフォーム、ちょいたしアイテム
  6. リフォーム、計画

最近の記事

PAGE TOP