UV塗装で屋根防水の機能を回復するリフォーム!

リフォームで屋根防水の機能を回復!

 

沖縄で木造建築の一戸建てに暮らしていて、壁紙に不自然なシミが発生してきたら、屋根防水の経年劣化が進行していないか確認してもらいましょう。

屋根防水は屋根塗装の塗膜で機能しています。

屋根防水の効果は、リフォームを取り扱っている工務店やリフォーム事業者に相談すると説明してもらえます。

壁紙に不自然なシミが発生した場合のポイントは、壁紙の裏側からの水分が原因である点です。

壁紙に水をかけてしまったのならば、乾燥したときにシミが発生することもありますが、原因は解明できます。

壁紙の表面に発生したシミは、修繕することも可能です。

壁紙の表面ではなく、壁紙の裏側から水分が染み出ている場合は、屋根防水が機能しなくなっている可能性が高いです。

リフォームは屋根防水の機能を回復させるのに役立ちます。

屋根防水が、どのようにして、どのあたりが機能しなくなっているのかを調査してもらいましょう。

原因は紫外線による劣化が多いのですが、沖縄は台風の通過で強風による被害も考えられます。

屋根防水が機能しにくくなっているときに、屋根の塗膜を調査すると、原因だけでなく、どの方位や、どの角度が劣化しているかも判明します。

原因が判明すれば、塗装を施工してもらいましょう。

紫外線が原因で劣化している箇所が多ければ、紫外線対策としての効果の高いUV塗料を選びます。

UV塗料とは?

 

→ 紫外線照射によって反応硬化する塗料を使用して、UVランプの紫外線照射により、塗料を数秒で硬化させる焼き付け塗装です。40年ほど前から使用されている施工方法ですが、紫外線の照射と液剤の取り扱いの難しさから現場での塗装は出来ないと思われていました。しかし、液剤や紫外線照射機のコンパクト化などの改良により、近年では、現場でのUV塗装が実用化され、様々な分野で利用されています(^^)

ちなみに、UV塗装はUVコーティングとも呼ばれているそうです。

UV塗料と言っても、紫外線対策だけの効果ではなく、防水性能も備わっています。

リフォームで重要なのは、ひとつの機能だけでなく、複数の機能を回復させられるかです。

屋根防水にトラブルが発生している場合は、屋根塗装で紫外線対策と防水対策を備えさせると良いでしょう。

台風が通過したときにダメージを受けた痕跡が見つかった場合は、弾性が強く備わるような塗膜に仕上げてもらうと安心です。

同じ塗料でも、下地塗りを丁寧に施工すると、紫外線対策と防水対策に効果的です。

塗装は塗料選びが重要ですが、下地塗りを施工してもらう点も忘れないようにしましょう。

  1. リフォームする上での見積書確認
  2. マンション イメージ画像
  3. 中古物件購入の際に確認すべき設計図

最近の記事

PAGE TOP