塗装を中心におこなうリフォームとそのポイント

リフォームを検討するときに着目すべき点とは?

 

それは「 外壁 」です!

リフォームを検討する際に、外壁に着目して塗装をやり直すことで家の寿命を延ばすことができます

家を傷める原因のひとつが自然環境です。特に日光や風雨に常にさらされる場所が家の外壁です。

リフォームの場合にはこの影響はかなり大きく、その寿命を左右するほどです。特に、日光の紫外線や風雨は塗装面にかなりのダメージを与えます。

したがって、外壁に関しては、家を建ててからのち、何年ごとかに傷み具合をチェックして、少しでもその兆候があらわれたら、業者を呼んで、点検作業を行ってもらうほうがよいです。

その結果外壁を塗装した方がよいという報告をもらった場合には、常に沖縄の自然環境を重視する塗装を頭の中心に置いて、外壁塗装を行うようにします。

耐久性を重視してることを強調すると?

 

業者に対しては、耐久性を重視している面を特に強調して伝えるようにすると、予算の範囲内で、もっとも工夫して塗装してもらえます。

例えば家の北面、特に隣家とその間が接していて、常に日陰の個所などは、南面などと比較して劣化の進行がかなり遅くなりますから、南面よりは廉価な仕上げにしても構わないかもしれません。

このような工夫をすることで合理的に予算を圧縮することも可能です。ただし南面や日の当たる東西の面、あるいは潮風がいつもあたる面などは、強固な塗装とする必要があります。

こうしたメリハリをつけて塗り直すことは、理にかなったリフォームといえるでしょう。

外壁塗装のメリットとは?

外壁塗装には、寿命を伸ばすというメリットがあります。屋根や外壁の塗装は年月とともにどんどん劣化して行きます。さらに、亀裂やひび割れが生じ、それをそのまま放置しておくと建物の劣化は進んで行きます。そこで塗装をすると、様々なメリットが出てくるのです。

まず、外壁塗装は美観を維持することができます。断熱・遮熱塗装では、真夏や真冬の外気温から守ることで節電に効果的になります。紫外線や雨風、地震などから建物を守ることで建物を保護することも出来ますし、防水性効果遮音性効果もあります。

外壁塗装にはこのような沢山のメリットがあります。

塗装工事が終わった後も、塗料はしばらく乾燥するまでに時間がかかります。本当の強度を持つまではかなりの時間を要します。それまでは少し弱いので傷をつけたり、風雨に激しく当たったりするなどない方が望ましいです。本来の強度が塗装面に出れば、その本来持つ機能を発揮できますから、かなりの自然環境でも耐えるようになります。

このようにリフォームで塗装を行うことで家の寿命をさらに延長させて、住み慣れた家に住み続けられるようにしたいものです。

  1. 内装・内壁のリフォーム作業
  2. リフォーム
  3. 流行りのリフォーム・リノベーションイメージ写真
  4. 建築基準法についての疑問

最近の記事

PAGE TOP