明るい家に住みたい!照明で節約しながらお洒落に

沖縄の明るい家で快適に生活するポイント

 

沖縄では一年中強い日差しが降り注ぎます。そのため、敢えて太陽光を遮るような家の造りが多いようです。

結果的に家の中を涼しく保つことができる反面、少し薄暗い印象の家も少なくありません。

しかし、考えて欲しいのは、《薄暗い=涼しい》ではないのです。

やはり家の中は涼しくても明るくあって欲しいものです。プチリフォームをすれば、薄暗い沖縄の家も明るく住みやすい家にかえることができます。

例えば、採光を工夫し外光を反射材を使って家の中央まで導けば、1日のうち長い時間を電気を使用しなくても明るくすることが可能です。

電気代の節約にもなりますし、明るくて涼しい家にすることも可能です。プチリフォームを行えば、昼間でも電気をつけないと暗いような家も、明るく住みやすい家にかえることができるのです。プチリフォームをしなくても、もっと手軽に明るい家にする方法もあります。

それは、LED照明を使用することです。従来の蛍光灯をLED照明に交換するだけで、電気代は格段に安くすることができます。電気代を気にして、昼間は電気を消してしまうというようなことはしなくても大丈夫になります。

LED照明にするメリットとは・・・?

 

LED照明に交換すれば、昼間電気をつけていても、今までの電気代よりは安くなるはずです。LED照明も、最近はオシャレなものも多くなり、お値段もぐっと安くお求めやすいものになってきました。

LEDの間接照明を取り入れるなどすれば、オシャレな雰囲気も演出することが可能です。節約しながらも、オシャレな雰囲気の良い家にしてみてはいかがでしょう。

明るさは実用的なだけではなく、インテリアのひとつにもなるものです。光と影を上手に使い分ければ、家はより一層住みやすく、居心地の良いものになるはずです。

《節約=暗い家》ではありません。節約しても、オシャレで明るい部屋に住まうことができるのです。実用性重視だけを重視するのでは淋しすぎます。デザインにこだわり、電気代も節約しても、室内をオシャレに演出することができるのです。

薄暗い廊下や階段にLEDのキャンドルを置くだけでも、まるでリゾートホテルのような雰囲気になります。明かりは、使い方次第でどんな風にも変化し、生活に彩りを与えてくれることでしょう。

沖縄の家をもっと明るく、もっと住みやすく、もっと楽しく、もっとオシャレに変えてみましょう。プチリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。自分の家が今よりもっと好きになるはずです。

  1. 床材サンプル展示写真
  2. 建築基準法についての疑問
  3. リfホーム工事完了後
  4. 二世帯住宅、リノベーション、リフォーム
  5. ペンダントライト、照明、リフォーム
お電話でのお問合せ

お役立ち記事

  1. 外壁塗装のペンキ
  2. 屋根
  3. コンクリート打ちっぱなし
  4. トイレ施工事例
  5. 床、フローリング、リフォーム
  6. リフォーム
  7. 経年劣化のしやすい外壁のメンテナンス塗装
  8. バルコニー、リフォーム
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。