中古住宅を購入したい!良い物件を見極めるコツ

中古住宅を購入したい時は物件の良し悪しをよく見極めなければなりません。

古いと安い傾向があるのは当然ですが、長く住めなかったら意味がないでしょう。

特に古い一戸建てが多い地域では住みやすさを重視して選ぶことが肝心です。それに加えて、沖縄のように遠隔地でありながら本土と気候が異なる地域では周辺環境の確認と季節によって異なる災害対策についても考慮しなければなりません。

良い物件を見極めるコツとして耐震性や耐久性といった住宅の安全性、採光のしやすさや通風性、バリアフリー性などの住みやすさ、災害時リスクの低さや防犯性の高さといった安心感を重視して選ぶのが大切です。

特に長く住んでいきたいという場合には耐震性や耐久性について重視すると共に、住宅の可変性について考慮する必要があります。

 

住みづらくなってしまった時に、リフォームしやすい中古住宅を購入しておけば長く住みやすくなるからです。

例えば、間取りの変更がしやすくなったり、将来的なバリアフリーや二世帯用に対応しやすくなったり、土地があれば増築することが可能です。可変性が十分にあれば家の住みやすさに対応することができます。ただし、この場合に重要になるのがリフォームは耐震補強などを行うことはできても建て替えをするわけではないので、家の構造部分が劣化してきてしまっていると実施しても長く住めないということです。

そのため、中古住宅の構造部分がしっかりとしているかを確認するために新しさや定期的な修繕の有無について調べ、大切に扱われてきた比較的最近の一戸建てであることを重視するのが肝心です。心配がある場合には住宅診断(インスペクション)を受けてもらって、その結果を見て長く住めるかどうかを判断するのは賢明な考え方でしょう。

地域事情について調べるのは住む上での安心感を得るのに欠かせません。リフォームをして長く住めるようにしたとしても、その立地に住むこと自体にリスクがあると住み替えをしたくなってしまいがちです。

治安が良い地域か、水害や風害などが起こりやすい地域ではないか、地震の際にがけ崩れなどの心配がないかといった立地の確認をしておくことは肝心です。

現場に行ってみないとわからない部分も多いので必ず足を運んで見るようにしましょう。

★信頼のドイツデザイン、ハーフェレジャパン【収納用パーツ】★
既存の家具にちょっと手を加えてグレードアップ!
DIY金具他、スラックスハンガー、ネクタイハンガー、ビルトインアイロン台など

自分好みの家を買おう!新しいマンションの買い方提案

  1. 和式トイレ、洋式トイレ、リフォーム
  2. 中古住宅
  3. ペンダントライト、照明、リフォーム
  4. リフォーム・戸建
お電話でのお問合せ

お役立ち記事

  1. 昔のリフォーム業者、大工さんの写真
  2. 外壁塗装を行う為に足場を組んでいる写真
  3. リフォーム、計画
  4. キッチン、リフォーム
  5. マンション、リフォーム
  6. 浴室、リフォーム
  7. 外壁塗装のペンキ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。