節約したい!オール電化リフォームのメリットとは?

リフォームを機に、オール電化にするかどうかで悩んでいる沖縄にお住まいの方も多いことでしょう。

従来通りガスコンロで良いという方も、積極的にオール電化にしようと考えている人も、そのメリットについてしっかりと整理して置くことがおすすめです。使い勝手の面だけでなく、節約という観点からも意外なメリットが見えてくるものです。

メリット1

直火を使用しないという点です。ガスの場合には直火を熱源として使用しているために、燃えやすいものに引火する可能性や、不完全燃焼による一酸化炭素中毒の可能性もゼロとはいえません。オール電化ではIHコンロによって火を使わずに調理器具そのものが発熱するという仕組みを利用しますので、火災になる可能性が大きく下がります。また、調理中には火を使うために室内の気温が上昇しやすくなります。特に沖縄のような暑い地域では、調理中にさらに室内気温が上昇すると冷房にかかる費用もかさんでしまいがちです。室内の空気も直火によって暑くなるということもありませんので、快適に調理を楽しむことができるというメリットがあります。エアコンで室内の気温を下げることも控えられますので、電気代についても節約することにもつながります。

メリット2

使い勝手の良さです。ガスに慣れた人にとっては最初は火加減のカンがつかめなかったり、鍋をおいたまま調理するということに違和感を覚えるという話も聞くことがありますが、慣れてしまえばたいへん使いやすいものとなります。火加減については超強力な「強火」から、ごく僅かな「とろ火」まできめ細かい制御が可能で、炎の強さを見ながら微調整をする手間もいりません。常に最適な火力での調理ができますので、熱効率がとても高く、ガスと比較すると一回あたりの調理にかかる光熱費(ガス代と電気代)を比較すると、電気を利用したほうが安く済むという結果も出ています。

1回あたりの差はそれほど大きくなくても、毎日3回の調理を続けていくと大きな節約につなげることができるでしょう。使用後も、フラットな天板であるためにさっと一拭きをするだけできれいな状態を保つことが可能です。見た目の良さという観点からも優れているといえます。

オール電化へのリフォームによって得られるメリットは、安全性の高さと使い勝手の良さ、そして経済性ということになります。専用の調理器具が必要であるものの、多くの調理器具は既にIHに対応しているために、大きなデメリットにはならないでしょう。

★信頼のドイツデザイン、ハーフェレジャパン【収納用パーツ】★
既存の家具にちょっと手を加えてグレードアップ!
DIY金具他、スラックスハンガー、ネクタイハンガー、ビルトインアイロン台など

  1. 耐震リフォームを考える上で大事なポイントのイメージ
  2. 塗装、リフォーム
  3. 床材サンプル展示写真
  4. キッチン、リフォーム
  5. リフォーム、今後のライフスタイルイメージ
お電話でのお問合せ

お役立ち記事

  1. オール電化、リフォーム,IHキッチン
  2. F邸 マンションリフォーム After写真
  3. リフォーム
  4. リフォーム
  5. 外壁塗装、リフォーム
  6. 塗装、リフォーム
  7. 中古住宅
  8. リフォーム、プランニング
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。