寝室のリフォームがしたい!暑さ対策も忘れずに

寝室は睡眠をとるための大切な場所で、1日の中でも長い時間を過ごすことになります。

疲労した体を休息させるためには、快適な空間を維持することが大切です。そんな寝室のリフォームを行う場合は、工事内容や費用、こだわりのポイントなどをきちんと把握しておく必要があります。

寝室で最も必要な設備は、体を休息させるのに必要不可欠なベッドや布団などの寝具類です。ベッドを選ぶか布団を選ぶかで、部屋の構造も変化します。

他にも着替えのスペースや衣類の収納場所、家族に女性がいるならば化粧台も設置することがあります。快適な時間を過ごすためのテレビやソファなどの設備を設置するならば、適した空間の配置を行わなければなりません。自分や家族とって必要な設備も含めて、構造や部屋のタイプを選択するようにしましょう

ゆったりと落ち着いた時間を過ごすのには、照明機能も重要な役割を果たします。基本的に寝室の照明は、暖色で柔らかく穏やかなものを選びます。昼光色や昼白色は明るすぎるだけでなく、職場や学校を連想させるため、体を休める空間に適した照明ではありません。小さめのライトを組み合わせたり、間接照明を利用することで体をリラックスした状態へ導くことができます。

家具の配置としては、ベッドや布団の配置ならばドアから遠い場所に置くのが適しています。ドアのそばにベッドの頭側を配置してしまうと、ドアの開閉の際に風でホコリが舞ってしまったり、出入りにも不便になります。また、日本では北枕は縁起が悪いとされているので、気になる人は朝日の向きなる東側に枕を設置するのがおすすめです。

沖縄でリフォームを行う場合、暑さ対策も考慮しなければいけません。住宅では断熱性が室内の気温に影響を与えますが、暑さ対策ならば湿度にも気を配りましょう。適切な断熱を施すためには、設計をはじめ建材など様々な要素が関係してきます。

なるべく専門的な技術を得意とする業者を選び、リフォーム前に納得できるまでしっかりと話し合いを行うことが大切です。暑さ対策として、リフォームの際に建材まで手を加えず内装材を変更することで快適さが向上します。湿度を調節する調湿機能がある内装材は、部屋の湿気が増えた場合に湿気を吸収し、反対に部屋が乾燥している場合には吸収していた湿気を放出し、部屋を過ごしやすい湿度に調節することができます。さらに、気になる臭いを軽減する防臭機能もついている内装材もあるので、目的に合わせて選ぶことが可能です。

★信頼のドイツデザイン、ハーフェレジャパン【収納用パーツ】★
既存の家具にちょっと手を加えてグレードアップ!
DIY金具他、スラックスハンガー、ネクタイハンガー、ビルトインアイロン台など

  1. 壁紙(クロス)を貼り付けしている写真。
  2. オール電化、リフォーム,IHキッチン
  3. トイレリフォーム
  4. マンション、リフォーム
  5. 内装・内壁のリフォーム作業
  6. リフォーム
お電話でのお問合せ

お役立ち記事

  1. 中古物件購入の際に確認すべき設計図
  2. 床、フローリング、リフォーム
  3. 中古住宅の劣化、水漏れ
  4. 床材サンプル展示写真
  5. 手洗いボウル
  6. フローリング、床リフォーム
  7. フローリング、リフォーム
  8. 中古マンション、住宅診断、リフォーム
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。