増改築リフォームの秘訣!

沖縄で増築改築リフォームを行うことを検討されている方に、その成功の秘訣があります。

まずは、一番重要な事なのですが、増改築リフォームは色々な法令の制限を受けるということをあらかじめ心得ておきましょう。
ちなみに10㎡以下 (約6畳) の増築でしたら建築確認申請は必要ありませんが、防火地域と準防火地域の場合は1平米の増築でも確認申請が必要となります。
計画段階で、リフォーム会社にきちんと確認をしておくと安心です。

建築現場のイメージ画像

また、大きなポイントとして、耐震性というものがあります。増築工事はもちろんなのですが、たとえばリビングを広くするために壁を壊したり、窓を大きくするといった工事を行なう場合には、耐震性能の確認が必要となります。
阪神大震災では、実際にこういった工事を行った際に耐震性の部分を考慮せずに行ってしまったことで、倒壊してしまったところも多かったこともありますし、重要なポイントです。

外壁塗装コストダウンのコツ

次に、コストダウンの方法です。
コストをできるだけ抑えたいという場合には、いくつかのコツがあります。
屋根、外壁の場合、屋根の葺き替え時に合わせて工事する、外壁の塗り替え時に合わせて工事する、屋根の形はできるだけシンプルにする、外壁の凸凹は減らすといったことです。

水回りのことに関しては、移動はできるだけ避けるようにして、もし移動させるなら、既存の屋外排水管が使える位置にもっていくといったことです。

 

間取りについてのコストダウンは、ほんの少しのリフォームは割高になるのでできるだけ避けるようにしましょう。
1階2階を一緒に出す 「総2階」という方法ですと、コストパフォーマンスがいいのでおすすめです。
耐力壁の撤去や移動をしますと、補強に費用がかなり掛かりますのでできるだけ避けるようにしてください。
ちなみに、サッシは引き違いタイプが割安傾向がありますので、検討してみると良いでしょう。

リフォームは口コミ評判を参考に!

リフォームをどこのメーカーに依頼をするかということになりますが、一つのところで即決してしまわず、口コミ評判なども参考にして、
いくつかのメーカーで見積もりをとって、そこからリフォームの具体的な方法、そして費用など総合的にみて検討をしていくとより満足度が高くなります。

できれば、家を建築したメーカーに依頼するというのが理想的ではありますが、費用の面から他のところに依頼することも多いかと思います。やはり満足度を高めていくためには、見積もりを双方で出してもらうことが重要です。

  1. キッチン
  2. 住宅 リフォーム リノベーション
  3. 床材サンプル展示写真
  4. トイレリフォーム
  5. 住宅をリフォームする上での図面・設計図の確認
お電話でのお問合せ

お役立ち記事

  1. 中古物件購入の際に確認すべき設計図
  2. I邸アフター写真
  3. リフォーム、不安
  4. バスタブ、リフォーム
  5. 二世帯住宅 リビング
  6. 中古住宅
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。