中古住宅リフォームの成功方法とは?

沖縄にある中古住宅を購入してリフォームするときには重要な観点があります。

中古住宅を購入する時点でリフォームしやすい構造の建物かどうかを確認することがまず重要であり、可変性のある部分がどこかは先に調べておかなければなりません。

壁を動かして間取りを変更したいと考えていても、その壁が家を支えるものになっていると動かすことはできないからです。

また、水回りなどの配管についても構造上変更できない場合があります。

購入する前にどこが変更可能かを明らかにしておくことが成功のための第一歩です。

それと並行して調べておく必要があるのが構造が十分に強固かどうかです。

住宅を支えている柱などが劣化してしまっていると、リフォームしても長く住めないだけでなく、そもそも施工が困難になることも稀ではありません。

適切なメンテナンスが行われてきていない場合には見えない部分の劣化が進んでいることが多いため、予めホームインスペクションを受けておくのが大切です。

特に古い中古住宅の場合にはリスクが高くなりますが、メンテナンスが行われていれば5年や10年の差はひっくり返せることもあります。

築年数は参考になりますが、合わせてメンテナンスの履歴についても調べることが重要です。

沖縄ならではの湿気での壁の腐食

 

沖縄ならではの湿気での腐食

 

沖縄では湿潤で温暖な気候という影響もあり、木造の場合には見えない部分が腐食してしまっているリスクがあります。

住宅としての基本性能が低いと同じような状況に陥りがちであり、たとえ構造部分が大丈夫であったとしても基本性能を高めるために高額の費用がかかることになるのが一般的です。

暑さや湿度への対応力がある仕様になっている家かどうかを確認した上で購入すると、リフォーム費用を大幅に抑えることができます。

このような購入時点での配慮に加えて重要なのが、地元のリフォーム会社に施工の相談をすることです。

全国展開を行っている業者の場合には沖縄でも対応してもらうことはできます。

しかし、それが必ずしも得策ではないのは、亜熱帯性気候の沖縄の事情について詳しい理解を持っていない可能性があるからです。

暑さや湿度への対応だけでなく、台風への対策も重要になります。逆に降雪への対策は必要ない地域です。

このような点も考慮して施工内容を吟味できる地元の業者に相談するのが成功につながります。

中古住宅を選ぶ時点でも安全性などを考慮した立地の物件を選べるように地元の業者に紹介してもらうのが無難です。

  1. バルコニー、リフォーム
  2. 壁紙(クロス)を貼り付けしている写真。
  3. 中古住宅の劣化、水漏れ
  4. 劣化の早い水回りだからこそ、お風呂場からリフォームを。
お電話でのお問合せ

お役立ち記事

  1. リフォーム、今後のライフスタイルイメージ
  2. フローリング、リフォーム
  3. 二世帯住宅、リフォーム、リノベーション
  4. リフォーム、計画
  5. リビング 照明設置イメージ
  6. ペンダントライト、照明、リフォーム
  7. 経年劣化のしやすい外壁のメンテナンス塗装
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。