沖縄でリフォーム!台風にも強い家づくり!

沖縄の台風と木造住宅

沖縄で頻繁に起こる台風のイメージ画像

沖縄は、台風がちょうど通り過ぎる場所に位置しているため、強い雨や風にさらされてしまえば木造住宅などの住まいは徐々に劣化が進みます。

このような状態に陥った際に、何も対処しなければ、最悪の場合「雨水が染み込んで、浸水してしまった・・・」という事態にもなりかねません。

だからこそ、台風にも強い家づくりをするための「リフォーム」が大事になってくるのです。

外壁の老朽化の画像

リフォームで沖縄の台風対策の基本!

日本全国にはたくさんの木造住宅が建っていますが、台風の多い沖縄では木造住宅を定期的にメンテナンスすることはもちろん、経年劣化が進んでしまう前に「台風対策をメインにしたリフォーム」することが大切です。

台風対策を行うためのリフォームは、強い台風により発生する雨や風を真正面から受ける「外壁」や「屋根」を中心に行います。

外壁塗装の塗膜の破れや、塗膜に入った亀裂などのヒビ割れから雨水が侵入し、徐々にその被害が拡大して、建物を支える柱や梁などを腐敗させる要因になって非常に危険です。

外壁や屋根の老朽化が寿命を縮める?

木造住宅の寿命を縮めてしまう原因にもなり得る外壁や屋根の老朽化は、状態がひどくなるまえに「補修塗装」を行い、その後に「防水工事」を行うことで水漏れを未然に防ぐための塗装をします。

塗装が完全に剥がれて水漏れをしてしまうと、外壁塗装や屋根塗装だけでは対処できなくなってしまうので、塗膜の汚れや、白い粉(チョーキング)、塗装の変色といった変化を感じたら、沖縄に台風が来る前に早めに外壁塗装や屋根塗装などのリフォームをご検討ください!

  1. 建築基準法についての疑問
  2. 屋根
  3. リフォーム、プランニング
  4. 照明、リフォーム、ちょいたしアイテム
  5. 洗面室

お役立ち記事

  1. リビング 照明設置イメージ
  2. 二世帯住宅 リビング
  3. 寝室壁紙
  4. 住宅をリフォームする上での図面・設計図の確認
  5. フローリング
  6. リフォーム、計画
PAGE TOP