増築工事と改築工事違いとは?

増改築リフォームは増築工事と改築工事を合わせたものです。

増築工事は、現在の住まいに新しい部屋を作る工事で、子供部屋を作るために平屋の住宅を2階建てにするなどが増築工事になります。

一方、改築工事は現在の住まいの広さをそのままの状態にした上で、2つの部屋を一つにする、逆に一部屋を2つの部屋にするの工事になります。

子供部屋のリノベーション
例えば、小さいお子さんが居る家庭などの場合、お子さんが小さい内は2人で一部屋でも十分なものでも、お子さんが成長する事でそれぞれがプライベートな部屋を欲しがるなど、一つの部屋を2つに分けるリフォームを行う事で、住居スペースを分ける事が出来るようになるわけです。

リノベーションとは?

ちなみに、リノベーションは現在の住まいの間取りを一新する事が出来る手法として注目を集めています。リノベーションの場合は水回りの場所を移動する事が出来るので、現在のライフスタイルに合う間取りに変える事が出来る、家を建て直す事なく快適な生活空間を作れるなどの魅力があります。

年齢を重ねると、足腰が弱って来るので、生活空間が1階の住居スペースに集中するケースもあります。

リノベーションの場合は、現在そして未来のライフスタイルを予測し、快適な生活空間を作り出す事が出来る手法でもあり、2階部分にあった寝室を1階部分に移動する、浴室やキッチンなどはバリアフリー仕様にし、1階部分で生活を送る事が出来る家に変える事も可能です。

バリアフリー

沖縄県の中には、こうしたリフォームを可能にする会社も少なくありません。
会社の中にはショールームやモデルハウスを公開している所もあります。

リフォームも一つの家づくりであり、家づくりに必要な事は自分の目で見て間取りやデザイン、設備の良し悪しなどを確認する事などがあります。

モデルハウスやショールームに訪れる事は、自分の目で見る、触ってみるなどが出来る事でもあり、注文住宅の家づくりだけではなく、増改築工事を考える時にもお勧めの方法です。

容積率とは?

ちなみに、増築工事の場合は現在の住まいの床面積が増える事になりますが、住宅にはそれぞれ容積率と呼ぶものが定められており、容積率を超える建物の建築は出来ません。

さらに、住宅地には防火地域や準防火地域などの指定がありますが、これらの指定により面積を広げる事が出来ないケースもあるので、リフォームを行う時には容積率や地域の指定、対象エリア内での建築規定などを調べておく、分からない事がある場合には依頼する沖縄の会社に質問をするなどが大切です。

 

  1. 中古物件購入にはマンション
  2. リフォーム、ショールーム
  3. トイレリフォーム
  4. 内装・内壁のリフォーム作業
お電話でのお問合せ

お役立ち記事

  1. 屋根
  2. 内装・内壁のリフォーム作業
  3. マンション、リフォーム
  4. フローリング、床リフォーム
  5. フローリング
  6. トイレ
  7. 洗面室
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。