リフォームの実施を夏に行なうなら塗装も同時に施工!

夏にリフォームの実施を行うとき

 

リフォームの実施を夏に行なうときは、塗装も同時に施工するように検討してみましょう

なぜ塗装も同時に施工するように検討した方が良いのか?

→ 夏は塗料の乾燥時間が早く、スムーズに施工できるからです。

夏は台風の時期を避けられれば、リフォームしやすい季節です。それがなぜかというと、気温は高くなってしまいますが、昼時間が長いので、朝早くから作業を行ない、もっとも暑い昼間に休憩時間を長めに確保して、夕方遅くまで明るい時間帯は作業に当てます。

リフォームの実施をするときのポイントとして、早めに見積もりを依頼しておくのも大切なことです。

早めに見積もりを依頼して、施工時期を決める段階になったときに、さまざまな選択肢が可能になります。

Summer, House

沖縄は梅雨明けが早いので、夏のタイミングでリフォームを実施しやすい日数は多いと言えます。

 

台風が発生してしまうと、工事は延期や中止になってしまいますが、一日の作業量を多くできる夏は狙い目です。塗装も同時に施工すれば、工事のコストを抑制できるようになります。

屋根と外壁は同じ塗料を使用したほうが、効果は高くなります。

屋根と外壁の塗装作業には足場が必要です。

足場の組み立て工事は一日を要しますが、日照時間の長い夏ならば、組み立ての他にも部分的に作業を進められる場合がありますので、工期短縮効果にもつながります。

雨が降ったときは作業が中断されますが、沖縄は雨上がりの乾燥スピードが速いのも特徴です。

屋根材が濡れても、速乾性を期待できます。塗装に使用する塗料も、速乾性を期待できます。熱帯夜と呼ばれる気温の高い夜は、日差しが得られなくても乾燥しやすく、塗膜が固まりやすいのもメリットです。

リフォームを、どのタイミングで行なうか迷っているときは、必ず夏を選択肢に入れるようにしましょう。

 

夏ならではのメリットを活用すれば、同じリフォーム費用でも、リフォーム効果を高めやすいです。

塗装の塗料の塗膜は、夏の乾燥で固めておくと、秋の長雨への対策にもなります。

一年以上が経過すると、塗膜の効果は夏でも冬でも同じですが、秋の長雨の前に頑丈な塗膜を作れると安心できます。

  1. 内装・内壁のリフォーム作業
  2. 照明、リフォーム、ちょいたしアイテム
お電話でのお問合せ

お役立ち記事

  1. 洗面室
  2. 住宅 リフォーム
  3. 間取り、リフォーム、リノベーション
  4. リフォーム
  5. 外壁塗装を行う為に足場を組んでいる写真
  6. 沖縄の住宅の特徴、コンクリート住宅
  7. 沖縄の街並み
  8. 昔のリフォーム業者、大工さんの写真
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。