軽量鉄骨の一戸建ては、地震にも強い住まいです。

 

地震に対する建築の強さは、鉄骨ならではの強さです。

 

鉄骨を長持ちさせるには、サビ予防が重要ポイントです。サビ予防に効果的なのは、塗装です。塗装をしてから塗料の保証期間が切れてしまう前に、次の塗装を検討しましょう。

 

塗装は南国ならではの豊富な塗料から選択できるので、軽量鉄骨の構造体の保護効果を高められる塗料を選ぶと良いでしょう。

塗料は乾燥すると塗膜が作られます。

 

塗料が乾燥すると硬くなり、耐久性が発揮されるようになります。耐久性は、塗料の保証期間によって異なります。

リフォームは、建物の建築構造に適切な施工スタイルで仕上げるのがポイントです。

 

軽量鉄骨の一戸建てならば、建物がサビにくいように維持管理できる塗料が良いでしょう。

耐水性と撥水性がポイントです。

建築構造に適切な設計施工が必要。

耐水性と撥水性が備わっていると、どんなに風雨が強く抜きつけてきても、外壁材の内部が濡れません。

外壁材の内部が濡れてしまうと、雨水が室内に到達してしまいます。

軽量鉄骨の一戸建ての構造体の内部に雨水が染み込むと、金属がサビてしまいます。

 

新築のときは防サビ効果が発揮されていますが、防サビ効果は経年劣化しますので、ある程度の築年数が経過してしまうと、サビやすくなってしまいます。

サビやすくなってしまっても、外壁塗装で保護されていれば大丈夫です。

 

リフォームを検討するときは、台風対策も考慮しましょう。

 

風圧に弱い塗膜は、台風の強風で損傷してしまう場合があるからです。

強風で建物が歪むと、塗膜に亀裂が発生してしまう可能性が高まります。

耐水性と撥水性を備えながらも、風圧への耐久性も備わっている塗膜が理想的です。

 

耐久性は保証期間に比例します。リフォームで塗装を施工したら、塗料の保証期間を把握しておきましょう。

保証期間が切れる前に、次の塗装を検討するように心がければ、軽量鉄骨の一戸建ての内部構造がサビにくくなります。

  1. 二世帯住宅、リフォーム、リノベーション
  2. 補助金や助成金、資金計画
  3. リフォーム、計画
  4. 手洗いボウル
  5. リfホーム工事完了後
お電話でのお問合せ

お役立ち記事

  1. 手洗いボウル
  2. キッチンパネル、リフォーム
  3. リフォーム
  4. k邸 施工例
  5. 住宅ローン イメージ画像
  6. 劣化の早い水回りだからこそ、お風呂場からリフォームを。
  7. オール電化、リフォーム,IHキッチン
  8. リフォーム
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。